ホーム | 日系社会ニュース | 交流研修旅行=日本語教師研修生OB会

交流研修旅行=日本語教師研修生OB会

2007年6月5日付け

 日本語教師研修生OB会(宮崎高子会長)は、マリンガと、イグアスーの滝をめぐる交流研修旅行を、七月十一日から十五日にかけて実施するにあたり、現在、参加者を募集している。また特に、会員以外の参加も歓迎している。
 十一日にサンパウロを発ち、十二日に、プロミッソンで長年日本語教育に携わった安永忠邦氏と、造園師の川下滉JICAシニアボランティアの講演、地元の日本語学校教師らとの交流会が予定されている。十三日、十四日は滝の見学を行う。
 研修旅行費は四百七十レアル(会員は四百五十レアル)。締め切りは十一日。申し込み先は、松本ヨランダさん(6256・3020/9653・2790)、沖野日出子さん(5589・0298)、宮崎高子さん・杉浦マルコスさん(kamaegakuen@bol.com.br)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ