ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 中国マネーが伯に?=リスク分散で途上国株に買い

こちらの記事もどうぞ

  • リオのカーニバル延期が正式決定=コロナ禍影響を怖れて=実施時期はワクチン次第2020年9月29日 リオのカーニバル延期が正式決定=コロナ禍影響を怖れて=実施時期はワクチン次第  「リオのカーニバル」がコロナ禍のために延期される事になったと24日付伯字紙サイトが報じた。  エスコーラ・デ・サンバの代表達が24日に満場一致で決めたもの。21年2月のスペシャルグループのパレードは、日程未定のまま延期となった。代表達は、新たな日程は予防接種ワクチン […]
  • 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に2020年9月22日 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に  2年に一度、サンパウロ市で開かれる本の祭典「ビエンナーレ」が、史上初のヴァーチャル版で開催される事になった。今年のビエンナーレは12月7~13日に開催される。  ビエンナーレは第26回目で、10月に開催されるはずだった。新型コロナの感染拡大に伴う外出自粛などで、今年 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(下)=勝ち組「東京村」はどこ?2020年9月5日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(下)=勝ち組「東京村」はどこ? 今も続く邦字紙、日本人墓地、相撲  『グリンゴ』第3巻に出てくる勝ち組「東京村」の神社の鳥居のコマと、実在する似た景色としては、生長の家ブラジル伝道本部のイビウナ聖地の鳥居がある。  ブラジルの田舎の町に忽然と立派な鳥居と神社現れる様子は、漫画の描写に似ている。同教 […]
  • 《サンパウロ市》セントロ再開発後の運営問題浮上=市は開札日に入札中止2020年8月27日 《サンパウロ市》セントロ再開発後の運営問題浮上=市は開札日に入札中止  サンパウロ市市役所は26日、セントロ地区にあるヴァレ・ド・アニャンガバウー再開発事業に関わる入札を中止すると発表した。  26日付現地紙サイトによると、入札中止の発表は、再開発後の運営を10年間担当する企業が発表されるはずの26日付官報に掲載された。  アニャンガ […]