ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2007年6月29日付け

 文化相ジウベルト・ジウ作詞作曲の「ネアンデルタールの男」がヒット。
「オレに二百万貸さないか。ヴァヴァがルリズムのロビイストなら、ビンゴ・マフィアにとって憎めない手先だヨ。無学だから大目に見られてブタ箱に入る心配はない」「裁判官が殺されたとき、次は誰かと心配したナ。どっちみち一人は、殺されるんだよナ。オレはバカな王様。そんな心配はないと知っている。しかし、ルリスタの手回しは見事だよナ」
     ◎
 カリェイロス上院議長は二十七日朝、大統領と四十分間にわたって面談し、議長職追放を免れるよう支援を要請した。自分と政府は野党が周到に準備した政治的策略の犠牲者で、ここで折れれば策略は際限なく続くと訴え、大統領の協力を取りつけた。さらに野党のセーラサンパウロ州知事やネーヴェス・ミナス・ジェライス州知事、アルーダ連邦直轄区知事らにも根回しを行った。
     ◎
 七二億レアルと見積もられる原発アングラ3号機の建設費のほぼ半分を占める工事で、入札が行われない見込み。既に受注したのは仏系資本のAreva(二〇億レアル)など。
     ◎
 サンパウロ市西部モルンビー区で二十六日夜、大通りの交差点に停車した乗用車が三人組の男に襲撃され、運転していた男性(37)が胸を、助手席の妻(30)が頭を撃たれて死亡した。犯人らは何も取らずに逃走。後部座席にいて事件の一部始終を目撃した息子(7)はショック状態に陥り、翌日夕方になって事件について話し始めた。犯人らは自動車を狙ったが、男性が逃げようとしたため発砲したと警察はみている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 車を間違え射殺される=自動車強盗多発地帯の悲劇2017年9月22日 車を間違え射殺される=自動車強盗多発地帯の悲劇  19日夜、サンパウロ大都市圏のイタペセリカ・ダ・セーラ市で、路上駐車していた自分の車と間違えて、他人の車の扉を開けようとした23歳の男性が、強盗だと思った車内の男性に射殺される事件が起きた。21日付現地紙が報じている。  亡くなったのはジャン・アラウージョ・ルフィーノ・シャ […]
  • 200万台がサンパウロ市脱出=霧と渋滞に充分の注意を2015年4月18日 200万台がサンパウロ市脱出=霧と渋滞に充分の注意を  今週末から21日(火)のチラデンテスにかけては4連休となる人が多く、サンパウロ州交通工学公社(CET)はサンパウロ市からは約200万台がサンパウロ州内陸部や海岸部に向かうと見込んでいると17日付エスタード紙が報じた。 自動車利用者は季節柄、高速道路での霧に要注意だ。アンシ […]
  • 東西南北2014年1月25日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年1月25日  サンパウロ市南部カンポ・リンポとタボン・デ・セーラ市との市境地帯の二つの池と七つの小川が22日の夜に洪水状態となり、池や小川にあったゴミが地上に流れ出し、近隣のエンブー・ダス・アルテス市にまで及んだ。自動車道によっては2キロに渡って冠水す […]
  • サンパウロ市市長選=ハダジ有利のまま決戦投票=若干の差は縮まるも=メンサロン裁判は響かず=24日は共に大舌戦展開2012年10月26日 サンパウロ市市長選=ハダジ有利のまま決戦投票=若干の差は縮まるも=メンサロン裁判は響かず=24日は共に大舌戦展開 ニッケイ新聞 2012年10月26日付け […]
  • 東西南北2012年10月19日 東西南北 ニッケイ新聞 2012年10月19日付け […]