ホーム | 日系社会ニュース | 七夕祭りランサメント=30日に宮城県人会で

七夕祭りランサメント=30日に宮城県人会で

2007年6月30日付け

 来る七月七日、八日に開催される宮城県人会(中沢宏一会長)主催、リベルダーデ文化援護協会(池崎博文会長)協賛の「第二十九回サンパウロ仙台七夕祭り」のランサメントが、三十日に同県人会館(Rua fagundes 152)で行われる。
 また、同日午後三時には「第一回ミス七夕ゆかたコンクール」も開催。中沢宏一会長と同県人会鈴木運蔵七夕担当理事が案内のために来社。「是非多くの人に足を運んで欲しい」と参加を呼びかけた。
 同コンクールのプログラムは以下の通り。美和会の琴演奏が午後三時から、続いてミス浴衣候補紹介、浴衣・甚平・法被等の紹介、太鼓演奏、ミス浴衣候補入場、「第二十九サンパウロ仙台七夕祭り」のランサメント=五時十分、雀踊り(宮城県の伝統舞踊)、ミス浴衣候補十人紹介、雷神太鼓演奏、候補者五人紹介、津軽三味線演奏、最終順位発表、カクテルパーティーとなっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ