ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2007年7月3日付け

 看板が取り外されて淋しくなったガルボン・ブエノ。絵葉書にもなっている池崎商会の看板もなくなり、夜は少々暗くなった。リベルダーデの写真を撮っている知人も「(看板があるときに)撮っておいてよかった」と冷や汗。何はともあれ、日本語の看板あってのリベルダーデ。市の規制緩和が早く発効すればいいのだが。
     ◎
 文協講堂を満員にしたブラジル太鼓選手権だが、当日は、審査員が定刻に集まらず開会時間がずれる、来賓の把握ができておらず、松尾県連会長や総領事夫妻が来場しても紹介が遅れる、審査が終わっていないうちに閉会式が始まり出場者らが三十分以上壇上で待たされるなど、進行上の不手際も目立った。終日満場の大盛り上がりを見せ、協会関係者たちは安堵していたが、そういった部分は少々残念。
     ◎
 先月三十日に行われた「第一回ミス七夕ゆかたコンクール」。きっちりとスケジュールが割り当てられていたので時間通りに進むかと期待したのだが、残念ながら期待はずれに。まずは開始からずれ込み、進行中のプログラム組み替え、さらには予定のプログラムを割愛する場面もあった。結局、お開きは一時間遅れ。今週末の〃本番〃には頑張ってほしいものだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 世界の食糧危機の中で=ブラジルへの批判は陰に潜む=期待される物、人、技術2008年5月1日 世界の食糧危機の中で=ブラジルへの批判は陰に潜む=期待される物、人、技術 ニッケイ新聞 2008年5月1日付け  世界中に広がる食糧危機の問題解決のために国連諸機関が話合いを繰り返しているが、二十八、二十九日に持たれた会議前後の報道に、ブラジルにも関連したものが含まれている。 […]
  • アルゼンチンに大敗=W杯南米予選=出場決定はお預け2005年6月10日 アルゼンチンに大敗=W杯南米予選=出場決定はお預け 6月10日(金)  【フォーリャ・デ・サンパウロ紙九日】二〇〇六年サッカーW杯南米予選でブラジル代表は八日、ブエノスアイレスでアルゼンチン代表と対戦、三対一で敗れた。 […]
  • 大耳小耳2017年12月1日 大耳小耳  「ブラジル岐阜県人会便り」314号が10月に発行された。巻頭には日比野健一会計理事による、世界的なベストセラー、新渡戸稲造の『武士道』を日本の道徳教育の教材に受け入れたらどうかとの興味深い提言。理事会議事録では「岐阜県人ブラジル移住105周年、県人会創立80周年」の日付が来年 […]
  • ブラジルと亜国の文化交流を=書籍見本市にブラジル人芸術家が出席=音楽家、現代詩人らも2014年1月11日 ブラジルと亜国の文化交流を=書籍見本市にブラジル人芸術家が出席=音楽家、現代詩人らも ニッケイ新聞 2014年1月11日  毎年アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開催される「ブエノスアイレス国際書籍見本市」が、今年は4月24日から5月12日まで開かれるが、40回目となる今回はサンパウロ市がオマージュされることになった。  開会式の挨拶をするのは、アルゼンチン […]
  • コラム オーリャ!2003年10月1日 コラム オーリャ!  先進的なコンドミニオとして知られるアルファヴィレが今年、三十周年を迎えた。創立者レナート・デ・アウブケルケ氏の共同経営者として建設・設計にあたったのは、戦前のコロニア衛生教育に尽力した高岡専太郎医師の次男・庸次郎氏(故人)だ。 […]