ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 日系候補討論会では、ワタナベ・マリウダ州議候補から「投票前に道端に落ちている選挙宣伝ビラを拾って、その人に入れるという話も聞く。まったく残念だ」というとんでもない市民がいることも語られた。宮崎マウリシオ州議候補は「ひいおじいちゃんが佐賀県で政治家をし、教育に力を入れて日本が戦後復興する底支えをしたと聞き、誇りに思っている。彼に直接に会ったことはないが、教育がすべての基本だと共感する。チリリッカなどのパリャッソ(ピエロ)に投票するのではく、真面目な候補者に投票してほしい」と訴えた。
     ◎
 安倍晋三総理による鶴の一声で実現したJICA隊員の増枠。1935年設立のイタペセリカ・ダ・セーラ文化体育協会の日本語学校はもっとも古い日本語学校の一つだが、派遣されるようになったのはつい最近で、現在2代目が活躍中だとか。20人もの大増員の発表だが、今のところ問い合わせはたったの3件。今はない派遣職種でも「こんな技術を持った人を派遣して欲しい」という要望を出せば、来年度分に入れられる可能性がある。日本食指導者を各文協婦人部に巡回してもらうのもアイデアか。この機会を逃さないよう、関心のある団体は記事中の事務所まで連絡を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ガリンシャ=リオの墓地で遺体が消失=管理が悪く掘り起こした記録もなし2017年6月1日 ガリンシャ=リオの墓地で遺体が消失=管理が悪く掘り起こした記録もなし  サッカーの王様ペレと並び賞賛された、元ブラジル代表の名選手、ガリンシャの遺体(遺骨)が墓から取り出され、どこに行ったかわからなくなっている。  ガリンシャの遺体が消失した事に最初に気付いたのは、墓参りに来たガリンシャの娘だった。  1983年に49歳の若さで亡くな […]
  • 宿世(すくせ)の縁=松井太郎=(24)2015年8月20日 宿世(すくせ)の縁=松井太郎=(24)  彼女はそれでもこっそりと日記はつけているようであった。太一に見られるのをとても嫌っていたので、サンパウロ市に転居のさい、すべて焼いたか捨てたかにちがいなかったのに、その一冊が残っていた。太一は興味をもってページをめくっていった。字はたしかに下手であったが、そこにはほかの誰でも […]
  • 清掃夫らと写真に納まるヘンリー王子(後方真ん中よりやや左)2014年6月28日 ヘンリー王子がブラジル訪問=サンパウロ市ではクラコランジアも  英国のヘンリー王子が26日、サンパウロ市のクラコランジアを訪問、薬物依存者らとも交わり、写真にも納まったと27日付伯字紙が報じた。 同王子は23日にブラジルに到着し、ブラジリアのサラーグループの病院を訪問後、ブラジル対カメルーン戦を観戦した。 翌24日は、英国選手らが20 […]
  • ピアウイ州=米州最古の遺跡のある場所=5万年前の焚火跡も発見2013年10月5日 ピアウイ州=米州最古の遺跡のある場所=5万年前の焚火跡も発見 ニッケイ新聞 2013年10月5日  ピアウイ州のセーラ・ダ・カピヴァラには、アメリカ大陸では最古の5万年前の遺跡があり、現在、ブラジリアで出土品の展示会が開催されている。 […]
  • コラム 樹海2012年10月11日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年10月11日付け […]