ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2009年1月15日付け

 グローボTV局というのは面白い放送局だ。「ネゴシオ(商売)・ダ・シナ」という中国も舞台にしたノベーラを始めたかと思ったら、今度は「カミーニョ(道)・ダ・インジア」だ。まるでBRICs諸国への親近感を高め、新興国の国民としての結束を強めるための国策番組のようだ。となれば、次は「テゾウロ(宝)・ダ・ロシア」とか!?
     ◎
 米国ニューヨークでギネスが認定する世界一脚の長い女性が選ばれた。ロシア出身のスベトラーナ・バンクラトーバさんは、身長も百九十九センチと恐ろしい高さだが、何と脚の長さは百三十二センチ。街で美しく長い脚の女性を見ると、ズボンをずり上げる典型的な日本男児体型の記者、見とれていたら、顔面を膝蹴りされそうな長さだ。
     ◎ 
 サンパウロ日本人学校(清水喜義校長)の職場体験学習で十四日、深谷勇太(13)、市原太樹(同)両君が本紙記者に随行し、ミナス州南部のカンブイ郊外の大島正敬さん(東京農大会会長)の農場でバラとブルーベリー栽培を〃取材〃見学した。「実っているブルーベリーを見たのは初めて。もっと大きな木かと思っていた」「バラ作りは全部手作業で大変だなと思った」と感慨深げな表情。大島さんの移住体験も聞いた。「どうやって新聞を作っているのか興味があった」という二人は、取材現場を見て、「色々な視点から質問する必要があるんだなあ」と頷き顔。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、サンパウロ市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • 《ブラジル》「国の発展に役立つ人材育成を」=第62回パウリスタ・スポーツ賞=25人が晴れやかに受賞2018年4月6日 《ブラジル》「国の発展に役立つ人材育成を」=第62回パウリスタ・スポーツ賞=25人が晴れやかに受賞  ニッケイ新聞主催の『第62回パウリスタ・スポーツ賞』の贈呈式が4日、サンパウロ市議会の貴賓室で行われた。全19種目、特別賞8人を含む25氏に記念プレートとニッケイ新聞発刊の書籍が授与された。会場には過去最多の約500人もの来場者が集まり、盛大に式典が執り行われた。特別 […]
  • 名物スポーツアナ、ルシアーノ死去=サッカー以外のスポーツにも尽力2014年4月23日 名物スポーツアナ、ルシアーノ死去=サッカー以外のスポーツにも尽力 ニッケイ新聞 2014年4月23日  ブラジルでのスポーツ実況中継における重要人物の一人に数えられる名物アナウンサー、ルシアーノ・ド・ヴァーレが19日、飛行機の中で心臓発作を起こして急死した。66歳だった。 1947年にサンパウロ州カンピーナスで生まれたルシアーノは、16歳のと […]
  • ブラジルで感じる出会いと別れ2014年4月3日 ブラジルで感じる出会いと別れ ニッケイ新聞 2014年4月3日 日本では、新年度、新学期が始まりましたね。進学、異動など別れと出会いが交差する春。サンパウロは今秋ですが、日本から遠く離れたブラジルにいる私にも気持ちの上での大きな別れが訪れました。 TBSに入社したのは2001年の春。当時TBSでは、入社から […]
  • 東西南北2014年2月27日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年2月27日  もうそろそろサンパウロ州の街もカーニバル気分が高まりつつある今日この頃だが、サンパウロ市中央部の3月25日通りでは、老若男女を問わず、頭に花を飾ることが流行しはじめているという。同通りの商店が売りはじめたところ、1週間で500個以上が売れ […]