ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2007年7月4日付け

 いま流行っている風邪は、レナン風邪と呼ぶ。一度取りついたら、離れない。上院議長は疑惑浮上後、モニカさんのお手当てを払っているのか。モニカさんの周囲では、プレイボーイ誌カメラマンがウロウロしている。セボリニャとカリェイロス議長、クリントン前大統領は、モニカで二度涙を流す。マシャード前倫理委員長は元墓堀夫だったらしい。上院議長を生身で葬るに忍びなかったようだ。
     ◎
 ルーラ大統領は二日、トラックメーカー、スカニアのブラジル法人創立五十周年記念祝賀会で、レアル高と経済低成長を暗に批判した社長に対し、レアル高は米国の財政赤字が原因で、ドル安是正は米政府の責任であるとやり返した。また、貿易障壁をめぐる交渉では先進国に譲歩しないと、強い姿勢を示した。
     ◎
 サンパウロ州スザノ市で一日夜、イベント企画会社の男性(27)と恋人(47)が男性の自宅で頭や胸を五、六発ずつ撃たれて殺害された。警察は怨恨が動機とみて捜査を続けている。
     ◎
 サンパウロ州アララクアラ市で一日、教会を出た十九歳の女性を男女二人がナイフで脅し、長さ九〇センチの女性の髪の毛と携帯電話を奪って逃げた。髪の毛強盗は同市で今年に入り二件目。
     ◎
 サンパウロ州カンピーナス市で二日朝、刑務所上空を飛行していたヘリコプターを職員数人が銃撃した。パイロットは着陸後、燃料補給中に被弾したことに気づき、銃弾はヘリの前方下部を貫通し、パイロットのカバンで止まっていた。刑務所管理局によると、ヘリは予告もなく低空飛行で刑務所に接近したため、職員らが応戦したという。

image_print

こちらの記事もどうぞ