ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市がコロナ対策の一環として、26日からの10日間を連休(平日なし)とすると決めた後、大サンパウロ市圏やサントス海岸部の他の市も、続々と独自の外出自粛規制の対策に乗り出している。ABC地区やジアデマ、マウアー、リベイロン・ピーレス、リオ・グランデ・ダ・セーラでも、サンパウロ市と同じく市の休日を早める形で29日から4月1日までを休みにする。それに連動して、サントスなど海岸部では23日から4月4日までロックダウンを敢行。サントス、サンヴィセンテ、クバトン、グアルジャー、ベルチオガ、プライア・グランデ、モンガグアー、イタニャエン、ペルイーベが同時敢行だ。これでサンパウロ市や近隣都市圏住民が連休を利用して海岸に行くようなことはできなくなった。
     ◎
 サンパウロ市内18カ所にあるコロナワクチンのドライブスルー接種会場が、23日より運営を差し止める。その理由は、19日から接種対象となっていた72〜74歳の人たちのうち84%が22日までに接種を済ませたためだ。残りの16%の人たちは市内の保健機関で接種を受けることになる。ドライブスルー会場がふたたび機能し始めるのは、69〜71歳が接種対象となる27日からだが、このペースだとさらに前倒しをするのも可能では? なお、サンパウロ市内の公的医療機関は、26日からの連休中も通常通りの日程、時間で機能する。
     ◎
 22日にジウマ元大統領がポルト・アレグレでコロナワクチンの接種を受けたことが話題となった。これで存命の大統領経験者の内、同氏に加えて、サルネイ、カルドーゾ、ルーラ、テメルの5人が最初の接種を行ったことに。コーロル氏だけは未接種だが、この中で一番若い71歳なので、もうすぐだろう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]
  • 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂2021年6月15日 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂 「コロニア消滅論」を越えて  デカセギブームが始まった90年代から特に「コロニア(日系社会)空洞化論」「コロニアが消滅する」という悲観的な予測が何度も叫ばれ、本紙にも繰り返し掲載されてきた。そんなことを叫ぶ声すらも枯れてきたのが現状だ。  この18日(木)は、ブ […]
  • 東西南北2021年6月5日 東西南北  今週後半から来週にかけてはサッカーのW杯南米予選の期間だが、その間も全国選手権は休まず続けられる。今日はサンパウロが敵地でアトレチコ・ゴイアニエンセと、サントスが本拠地でセアラーと対戦。明日はコリンチャンスが敵地でアメリカMGと、パルメイラスが本拠地でシェペコエンセと戦う。全 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で2021年6月1日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で  南米サッカー連盟(CONMEBOL)が5月30日、6月に開催予定のコパ・アメリカの開催予定地だったアルゼンチンでの開催をコロナ禍を理由にキャンセル。翌日には一転し、ブラジルでの開催を発表した。5月31日付現地サイトが報じている。  CONMEBOLは5月30日の夜1 […]
  • 東西南北2021年6月1日 東西南北  大統領長男フラヴィオ上議は5月31日、新たな所属政党はパトリオッタと発表した。同上議は5月26日に所属していた共和者を離党。次の政党がどこになるかが注目されていた。他方、ボルソナロ大統領は現在、進歩党との入党交渉がささやかれている。同党はボルソナロ氏の以前の所属政党で、現在も […]