ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2007年7月5日付け

 天気予報。ブラジリアは今日も息苦しい空気に包まれるでしょう。航空管制トラブルとレナン・ゲート、ロリス疑惑と息苦しさに事欠きません。コンゴーニャス空港はトラブル当初、待合室でゴロ寝するのでコンフローニャス空港と呼ばれた。トラブルも九カ月に及ぶので、セゴーニャス(こうのとり)空港と変名。もう一つ。数学の先生がルーラ大統領に質問「五一割る二は?」答えは半リットル。
     ◎
 リオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレ市で二日夕方、銀行前で現金輸送車が四人組とみられる男らに襲撃され、警備員らと銃撃戦になった。その際、銀行にいた女子大生(22)が頭を撃たれ、病院に運ばれたが死亡、警備員二人と通行人四人が流れ弾に当りけがをした。犯人らは何も取らずに歩いて逃走。
     ◎
 北東部フェルナンド・デ・ノローニャ島でダイバー二人を乗せて二日朝に出航した小型ボートが行方不明となり、海軍などが捜索を開始。
     ◎
 サンパウロ州サンジョゼ・ド・リオ・プレット市で三日午後、男児(5)が上着をスクールバスのドアにはさまれた後、七〇〇メートル引きずられて臀部や足をけが。
     ◎
 サンパウロ市美化条例により野外広告が規制されてから地下鉄駅構内や車内で広告が急増、六五%だった広告掲載率はほぼ一〇〇%に達した。広告収入は一カ月一五〇万レアル。
     ◎
 サンパウロ州のデング熱患者が今年一月から七月一日までに五万二五六六人に達し、二〇〇一年の五万一六六八人を抜いて過去最高を記録した。出血熱患者は四十七人。今年初めの雨を伴った暑さと不十分な予防策が感染拡大の原因とみられている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年3月16日 東西南北  ここに来て現実味を増して話題を呼んでいる、ルーラ前大統領の閣僚入りの噂。その目的が、「国のため」ではなく「逮捕を避けるため」というのは、国民の心情を考慮したとは到底思えない行為だ。とりわけ13日に、ブラジル史上に残る最大規模の反政府デモを受けた直後であることを考えれば、実現の […]
  • サンパウロ州連邦地裁=「就任中の贈物は国の財産」=ルーラ元大統領の主張を却下2017年5月24日 サンパウロ州連邦地裁=「就任中の贈物は国の財産」=ルーラ元大統領の主張を却下  サンパウロ州サンベルナルド・ド・カンポ市の連邦地裁判事が17日、大統領が任期中に外国高官から受け取ったプレゼントは国の財産と見なす判決を下した。  同地裁の判断は、ルーラ元大統領が任期中に他国の首脳や他国の政府要人から受け取った贈物は個人の所有物のはずだと訴えていた件に関し […]
  • 《ブラジル》ルーラ元大統領が6件目の告発受ける=アチバイアの別荘関連疑惑で2017年5月24日 《ブラジル》ルーラ元大統領が6件目の告発受ける=アチバイアの別荘関連疑惑で  パラナ州クリチーバ市の連邦検察ラヴァ・ジャット作戦(LJ)特捜班は23日、既に5件の捜査で被告になっているルーラ元大統領(労働者党・PT)に対し、6件目となる起訴(クリチーバ地裁扱いでは3件目)を行ったと23日付現地紙が報じた。  パラナ州連邦検察は、建設大手オデブレヒト社 […]
  • 《ブラジル》JBS供述後、PSBが連立離脱表明=PSDBなどは当面連立に留まる=重要法案の審議はいかに2017年5月23日 《ブラジル》JBS供述後、PSBが連立離脱表明=PSDBなどは当面連立に留まる=重要法案の審議はいかに  【既報関連】食肉大手のJBS社主のジョエズレイ・バチスタ容疑者ら同社幹部7人の報奨付供述で、テメル大統領(民主運動党・PMDB)やアエシオ・ネーヴェス上議(民主社会党・PSDB、停職中)らへの疑惑が噴き出し、社会党(PSB)が連立離脱を決めたが、PSDBや民主党(DE […]
  • 東西南北2016年12月10日 東西南北  本日付本紙でも報じたように、ジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事にオデブレヒトとの汚職疑惑が浮上した。これまではそうした噂が比較的少なく、10月のサンパウロ市市長選ではジョアン・ドリア氏の後ろ盾となって圧勝させたことで、「18年の民主社会党(PSDB)の大統領選有力候補」 […]