ホーム | 日系社会ニュース | 童謡と唱歌で日本の心呼び戻そう=ソプラノ歌手、森敬恵さんら来伯

童謡と唱歌で日本の心呼び戻そう=ソプラノ歌手、森敬恵さんら来伯

2007年7月11日付け

 童謡と唱歌で呼び戻そう日本の心。ブラジル日本会議(上野アントニオ会長)は、日本を代表するソプラノ歌手、森敬恵さん、二期会会員らの「日本の心のコンサート」を、十日から開催している。イグアスー市、マリンガ市につづいて、憩の園、文協大講堂(十五日午後一時半)。
 今回、来伯したのは森さんと二期会会員の吉川健一バリトン歌手、長谷川忍メゾソプラノ歌手。九日早朝、グァルーリョス国際空港に着き、同会議の役員・関係者らが花束などを贈呈し、熱く出迎えた。
 その後ニッケイ・パラセ・ホテルに移動し、三人と同会議の小森広理事長が会見した。小森理事長は「来年の百年祭の前夜祭として、森さんのブラジル公演を約二年前から計画していた。やっと実現ができてよかった」と語る。
 今回の来伯のきっかけとなったのは、〇五年九月の同会議のメンバーらによる「第三回皇居勤労奉仕団」の掃除。当日、雨が降り、何もできず、皇居内で集まっていたところで森さんが歌った。それが今回のブラジル公演に繋がったという。
 森さんは「よみがえれ日本の心、をいつも強調している。日本人は日本の素晴らしさを忘れている。安倍晋三首相が教育改革や憲法改正をしているのは、次世代の子供たちに必要なこと。日本が失っている日本を取り戻そう、変えようとしている安倍首相を応援している。今回の公演でブラジルの人々と触れ合って、たくさんのエールを携えて帰りたい。そして日本でブラジルの経験を伝えていきたい」と意気込みを語った。
 何がきっかけで「よみがえれ心の歌」の活動をしようと思ったか。
 森さんは「神戸で少年が首を切断した事件があってから、なぜ十代の少年が凶悪な犯罪をしなくてはならないのか」と心が痛んだという。心というものが大事、とそれ以来全国各地で公演をしている。
 所属する『二期会』は日本最大の演奏団体として、日本におけるオペラの普及と発展に向け、質の高い公演を行ってきている。
 同ホテルで、同日午後七時から森さん、吉川さん、長谷川さんの歓迎会が行われ、西林万寿夫サンパウロ総領事、内田和正国際交流基金所長、吉岡黎明救済会会長、山下譲二文協副会長、松尾治日本百周年記念協会執行委員長、尾西貞夫援協副会長ほか、日系団体関係者ら二十人が出席。
 西林総領事は「私が日本にいる頃、二期会のコンサートを約三十回くらい聴きに行ったことがある。二期会は日本人歌手を育てるところ。素晴らしい歌声がマイク無しで会場に響きわたったことを覚えている」とあいさつ。
 今回協力した内田基金所長は「日本を思い出させるような歌を期待しています。ブラジルにいる人々は懐かしさがよみがえってくると思う」と話した。
 吉川さん(アカペラ)と長谷川さん(ピアノ伴奏・矢崎愛さん)の歌声が披露され、会場にいる人たちは目を瞑って、静かに手拍子をしたり、涙が目に浮かぶ人も見られた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 石川直樹写真展=JH展示を初めて巡回=パラナ州クリチバMONで2021年2月23日 石川直樹写真展=JH展示を初めて巡回=パラナ州クリチバMONで  サンパウロ市のジャパンハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)で1月29日まで公開された石川直樹『ジャポネシア(JAPONESIA)』展が、初の試みとしてパラナ州クリチバ市のオスカー・ニーマイヤー美術館(MON)でも一般公開されている。2月11日から4月 […]
  • デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も2019年9月27日 デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も  「こんなことをしてくれる会社は、他に聞いたことないね」――「グルメデリカ」(本社=埼玉県所沢市)に派遣されている日系人労働者の留守家族を集めた22回目の南米懇親会が21日夜、サンパウロ市のニッケイパラセ・ホテルで開催され、そんな感想があちこちで聞かれた。グルメデリカ社 […]
  • ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選2016年10月27日 ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎信濃村のポルトガル人煙草干す鳩車に似て葦舟や湖は春アリアンサの鳳梨も供え念腹忌睦みつつ濁流越えて行きし蝶富士の絵の額の後に守宮棲む […]
  • ニッケイ俳壇(908)=星野瞳 選2016年9月30日 ニッケイ俳壇(908)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 冬耕や錆びてキコキコ云ふ耕車 背広着し案山子の哀れ見て通る 故国訪い逢えざりし友の賀状来る 河へだて牛啼き交わす夕立晴 色褪せし旱の蝶のとぶばかり […]
  • ニッケイ俳壇 (861)=富重久子 選2015年10月23日 ニッケイ俳壇 (861)=富重久子 選 プ・プルデンテ  小松 八景 南洲に煙突多し日脚伸ぶ 【「南洲に煙突多し」とは、ブラジルでは南にいくほど寒く防寒のため、ストーブを焚いたりペチカを焚いたりするので各家ごとに幾つかの煙突がある。北朝鮮では昔オンドルと言って、床の下に泥で火の通り道をつけどんどん焚口から薪を […]