ホーム | 日系社会ニュース | 祐見さん、日語校を訪問=ピラールで思い出刻む

祐見さん、日語校を訪問=ピラールで思い出刻む

2007年7月11日付け

 【ピラール・ド・スール】三日、当地を訪問した歌手の井上祐見さんは、四日午後、日本語学校を訪れた。到着した時、生徒全員が運動会の踊りの練習の最中であったが、その後、子供達と話したり写真を撮ったりと交流、教室に入って席に座ったりと子供時代を懐かしんでいた。
 予定の都合上、生徒とのふれあいは短い時間しか取れず、残念そうであったが、帰る際には日本語学校生徒全員からの寄せ書きや手作りのプレゼントをもらい感激した様子。
 今回、祐見さんのことを初めて知り、初めて歌をきいた子供も多かったのだが、歌を一部覚えた子もおり、子供たちの心の中にはしっかりと祐見さんとの思い出が刻まれた。
 「またピラール・ド・スールに来てください」という声に、「どんな形でもいいので、またこの地を訪れたい」という言葉を残し、祐見さん一行はこの地を発った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リベルダーデ=「新年快樂」に15万人!=獅子舞、龍舞で旧正月祝う2010年2月9日 リベルダーデ=「新年快樂」に15万人!=獅子舞、龍舞で旧正月祝う ニッケイ新聞 2010年2月9日付け  中国の旧正月(春節)を祝うイベント『第5回新年快樂(Festa do Ano Novo Chines)』が6、7日リベルダーデ広場で開催され、晴天の下約15万人が訪れた。ブラジル中国青年会議所主催。 […]
  • JICA=前田理事がUSPで講演=途上国に寄り添う法整備支援2018年10月4日 JICA=前田理事がUSPで講演=途上国に寄り添う法整備支援  国際協力機構(JICA)の前田秀理事は、講演「JICAの開発途上国における法整備支援」を9月23日正午から、サンパウロ州立総合大学法学部で行ない、同学や日系社会関係者ら約50人が聴講した。  法制度は国家発展の礎であり、国連ミレニアム開発目標においてもグッド・ガバナ […]
  • コロナ禍で起きる退行現象2021年7月1日 コロナ禍で起きる退行現象  6月27日付エスタード紙などが、「外出自粛(クアレンテーナ)中、0~3歳児の4人に1人に退行現象が見られた」と報じた。退行現象は急激な環境変化によって幼児が赤ん坊のように振舞う事をさし、「赤ちゃん返り」ともいう。  退行現象の具体例は「発話が減る」「1語文、2語文が […]
  • コラム オーリャ!2011年3月23日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2011年3月23日付け  巨大地震の被害に苦しむ日本を応援しようと、ブラジル日系社会でも支援活動が活発だ。本紙に掲載しただけで既に10以上の口座が開かれ、義捐金を受付けている。 […]
  • 日系ルーテル教会=待降節祭ミニバザー25日2012年11月20日 日系ルーテル教会=待降節祭ミニバザー25日 ニッケイ新聞 2012年11月20日付け  日系ルーテルサンパウロ教会(徳弘浩隆牧師)は『アドベントフェスタ・ミニバザー』を、25日10時半から同教会(Rua Pandia Calogeras, 54, […]