ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2007年7月12日付け

 政治改革を討議する下院で還暦を過ぎ髪が真っ白になったテイシェイラ下議(民主労働党=PDT)が議会を沸かし、キナリア下院議長(労働者党=PT)が絶賛した。
キ「下議閣下の演説は、後世に残る名セリフでした。政治改革に賭ける閣下の溢れる精力は、三十歳若返ったようです」
テ「議長閣下。折角のお言葉ですが、いま三十歳も若返ったら議会終了時には精力を持て余し、今晩はホトトギスを鳴かせるでしょう」。
     ◎
 軍事裁判所は宇宙飛行士、マルコス・ポンテス氏の「商業行為」の捜査を開始した。同氏は空軍に所属している間、自身の肖像権を使って利益を得ていたほか、妻の経営する高校など複数の企業の共同経営者になっていた疑い。軍法はそうした行為を禁じている。
     ◎
 愚息の尻拭きはしない―。パラナ州ロンドリーナ市で八日午後、二十一歳の若者が飲酒、無免許運転で現行犯逮捕された。軍警は保釈金五〇〇レアルで若者を釈放すると家族に連絡したが、父親は「息子は愛しているが、曲がったことは嫌いだ。過ちをよく反省してほしい」と支払いを拒否。無断で父の小型トラックを運転していた息子は勾留されたまま。
     ◎
 セントロのバネスパビル最上部にある銀行ロゴ、コンソラソン大通り沿いのマッケンジー大学ビル屋上のMマーク、パウリスタ大通り沿いコンジュントナシオナル屋上のイタウ銀行ロゴ。サンパウロ市美化条例が施行されてから数カ月が経過したが、いまだに市内で大きな看板を見かけるのは、こうした企業が例外措置を求めて市役所に働きかけているため。市の担当者は条例に例外はないと強調しているが…。

image_print

こちらの記事もどうぞ