ホーム | 日系社会ニュース | 鳥取熟年大学=18日に7月例会

鳥取熟年大学=18日に7月例会

2007年7月14日付け

 鳥取熟年大学の七月例会が、十八日(水)午後一時から、鳥取交流センター(ドナ・セザーリア・ファグンデス街323)で行われる。講師は佐々木陽明浄土宗南米開教総監(淑徳大学客員教授)、テーマ「老後を心豊かに生きるための教え」。一般の聴講も歓迎している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年11月27日 東西南北  サッカーの全国選手権はパルメイラスの優勝で終わったが、お隣アルゼンチンではサッカーで異例の事態が起きている。南米一を決めるリベルタドーレス杯決勝の第2試合リーヴェル・プレイト対ボカ・ジュニオルズの試合は24日の予定だったが、リーヴェルの応援団がボカの選手の乗ったバスを襲い、選 […]
  • 『移民と日本人―ブラジル移民110年の歴史から―』を読み解く―「ブラジル」日本移民研究への新たな視点―田所 清克/久保平 亮2019年8月2日 『移民と日本人―ブラジル移民110年の歴史から―』を読み解く―「ブラジル」日本移民研究への新たな視点―田所 清克/久保平 亮  1908年4月28日、第一回ブラジル日本移民の781名を乗せた移民船「笠戸丸」が神戸港を出帆し、6月18日にサントスに到着してから今年で111年目を迎えた。この間、紆余曲折を経て、今日ではおよそ190万人を擁する世界最大の日系社会がブラジルで築き上げられている。過日7 […]
  • コラム 樹海2013年5月21日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年5月21日  17日夜、文協ビルで開かれた「日本の美」の開会式で、18日付7面掲載の韓国人映画監督のチョー・キョンドク氏に会う機会を得た。日本に住んだ事があり日本語を解する同氏は、「韓国人コミュニティには文協ビルのようなコミュニティ独自の施設がないから、 […]
  • 南米聖地で祝う=PL教団59周年=アルジャー市2005年9月27日 南米聖地で祝う=PL教団59周年=アルジャー市 2005年9月27日(火)  パーフェクト・リバティ教団による、大サンパウロ圏における「PL祭五十九周年」の祝賀行事が、二十五日午前十時からアルジャー市にある南米聖地で行われた。今年も約八千人が参加し盛大に祝った。 […]
  • 池田総領事、藤村副会長(中央)と留学生の皆さん2015年4月18日 クリチーバ=総領事「留学生7人に期待」=専門分野で日伯の架け橋に  在クリチーバ日本国総領事館は3月17日、2015年度国費外国人留学生渡日前オリエンテーションを開催し、留学生、関係者ら約30人が参加した。研究留学生5人、専修学校留学生2人の7人が4月から日本へ出発する。 研究留学生は柏木フェルナンダ・ミユキさん、三浦ラリッサ・アカリさん […]