ホーム | 日系社会ニュース | 栗林音文さん

栗林音文さん

2007年7月14日付け

 栗林音文(くりばやしおとふみ)さんが、十一日午後八時四十分、サンタバルバラ病院で、心不全のため死去した。八十二歳。元日伯毎日新聞社製作部長。出聖前、アルバレス・マッシャード市で営農。出聖後は、毎年の日本人墓地招魂祭継続に尽力していた。四十九日法要が、八月二十六日午後一時半から、東本願寺(クルシーノ通り753)で行われる。遺族宅電話5565・3775。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「日系人の姿伝えたい」=新潟県農業実習団が帰国=手作りフェイジョアーダで送別2009年1月28日 「日系人の姿伝えたい」=新潟県農業実習団が帰国=手作りフェイジョアーダで送別 ニッケイ新聞 2009年1月28日付け  新潟県農業実習団(菅原秀雄団長)四人が十日間の農業実習を終了するにあたり、新潟県人会(柿嶋昭三会長)は、二十一日午後六時から同会館で一行の送別会を行った。 […]
  • コラム 樹海2008年9月23日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2008年9月23日付け […]
  • 東西南北2003年1月16日 東西南北 1月16日(木)  サンパウロ市は、ロタソンの運賃をバスと同じく一・七レアルと定めた。サンパウロ市南部のロタソン協同組合は、「乗客一人当たり〇・三レアルを市に支払わなければ、営業許可を無効とする」というサンパウロ市の増税行為に反発し十三日、サンパウロ市を告訴した。ちな […]
  • コラム オーリャ!2003年2月1日 コラム オーリャ!  私用のため年末年始は、日本に一時帰国した。  夏真っ盛りのブラジルから、真冬の日本へ。時差ボケはなかったが、その温度差は辛かった。 […]
  • 2011年12月2日 第6回=亜国=終戦5カ月前まで日語報道=最終ニュース「慶良間侵攻」 ニッケイ新聞 2011年12月2日付け  亜国からは今回、最多の200人が参加した。大会取材3回目の『らぷらた報知』編集の崎原朝一さん(77、沖縄)は、「僕自身もう今回が最期かもしれないと思っている。一世はみな、そんな想いがあるから子や孫を連れてきた。だからこんなに人数が […]