ホーム | 日系社会ニュース | ピニャール=日語以外にピアノも指導=JICA青年に感謝の声

ピニャール=日語以外にピアノも指導=JICA青年に感謝の声

2007年7月17日付け

 聖南西地区のコロニア・ピニャール日本語モデル校では、七日午後五時より天野青年図書館で、今井さや香JICA青年ボランティア(岐阜県出身)の指導でピアノ演奏発表会が催され、生徒二十四人がレッスンを受けた曲を発表し、父兄の感動をさそった。
 今井さんは一週間五日の日語教育の他、課外活動として週一回、一人二十分間のレッスンを一年間続けた。ドレミファも解らない子どもたち六歳から十七歳までの生徒に、根気良くピアノに親しむように指導してきた。
 発表会当日は、聞く側にも楽しんでもらおうと生徒全員が異なる曲を演奏した。生徒全員が楽しく正確に弾いている姿に、父兄たちは感心した様子で、「今後も指導者がおられたら続けてほしい」という声が聞かれた。
 本来の日本語指導以外にも、生徒のために時間を割いて情操教育に力を注ぐその姿勢に、地元の教師同僚からも感謝の声が絶えなかった。
 二年間の任期を無事に終えて六月二十五日に帰国した今井さんに対し、ある父兄は書簡で編集部に、「JICA青年ボランティアの必要性をつくづく感じ、日伯交流文化活動が立派に役立ったことを喜んでいます。生徒全員、音楽教育を受けたことを一生忘れないでしょう。今井先生、有難うございました。無事帰国され、ぜひまた来てください」と投稿し、その健闘を称えた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 坪井領事(左)と後任の蛭子領事2015年4月11日 在聖総領事館=経済班・坪井領事が帰国=後任は厚生省の蛭子英稔氏  厚生労働省国際年金課からの出向で、2012年1月から在聖総領事館に勤務していた坪井俊宣領事(42、神奈川)が任期を終え帰国した。先月31日、後任の蛭子英稔領事(40、兵庫)と共に交代あいさつに来社した。 12年3月に発効した日伯社会保障協定に関し坪井領事は、「保険料の二重 […]
  • 聖西芸能祭=11支部が93演目披露=約6百人がやんやの喝采2011年10月6日 聖西芸能祭=11支部が93演目披露=約6百人がやんやの喝采 ニッケイ新聞 2011年10月6日付け  サンパウロ市西部の文化協会11支部で構成される聖西芸能連合(中川浩巳会長)が主催する『第31回移民祭り』が先月18日、タボン文化体育協会会館で開催された。3百人以上が舞台に立ち、約6百人が来場した。 […]
  • 東西南北2017年4月1日 東西南北  今日1日より、サンパウロ市内南部を走るいくつかの路線のバスが、料金徴収係(コブラドール)を伴わない運転を開始する。コブラドールを採用している国はもう珍しくなっているが、サンパウロ市ではハダジ前市長もドリア市長も、人件費削減などの観点からビリェッテ・ウニコへの完全移行を強く願っ […]
  • 全伯珠算に151人が参加=日頃の成果競い2016年11月22日 全伯珠算に151人が参加=日頃の成果競い  ブラジル珠算連盟(斉藤良美会長)は先月23日、サンパウロ天理会館ホールで第58回全伯珠算選手権大会を開催し、151人の選手が日頃の練習成果を競った。  7級から15級によるC、Dクラスが合同で開始され、総合問題(見取暗算、乗算、除算、見取算)やフラッシュ暗算、読上算、読 […]
  • ドシエー漏洩捜査=新旧派閥の確執露呈=政権舞台裏の執念=ジルセウ派とジウマ派巴に=創立功労者の出番が終わる2008年4月12日 ドシエー漏洩捜査=新旧派閥の確執露呈=政権舞台裏の執念=ジルセウ派とジウマ派巴に=創立功労者の出番が終わる ニッケイ新聞 2008年4月12日付け […]