ホーム | 日系社会ニュース | 沖縄県人会、新センター建設で=母県に再度計画書提出へ

沖縄県人会、新センター建設で=母県に再度計画書提出へ

2007年7月21日付け

 沖縄県人会(与儀昭雄会長)は十二日、同県人会館で定例理事会を開催した。与儀会長と山城勇総務委員長が先月六日から二十日まで、母県を訪問、県知事はじめ各市町村長に来年八月の「ブラジル沖縄日本移民百周年祭」の計画や、沖縄文化普及・交流センター建設について説明をしてきたが、理事会の席上、その報告が行われた。
 焦点となったのは、交流センターの建設問題で、総工費約九億円の五〇%の支援を求め県に要請したが、県は「今の段階では難しい」との回答。
 問題点は、なぜ新センタと現在会館の、二つが必要なのか、その必要性と建設後の維持費や運営、利用法など、である。母県はその細部の説明の提出を七月末までに求めている。
 再検討された案について、先月二十九日、各委員会代表が沖縄文化センターに集まり、見取り図を見ながら、意見を交わした。
 その結果、建設費の五〇%を要請する方針は以前と変わらないことを確認、建設後の運営維持計画、設計図を記した書類を三十一日までに再度県に提出する。
 与儀会長は「そのままの考えでいく。県が納得する返答を期待したい」とコメントした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日のサンパウロ市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 平成最後の天皇お誕生日祝賀会=ご夫妻の肖像画に向かい万歳三唱2018年12月6日 平成最後の天皇お誕生日祝賀会=ご夫妻の肖像画に向かい万歳三唱  今上天皇陛下としては最後となる『天皇お誕生日祝賀会』が5日午前9時、移民史料館9階にある若き日の両陛下を描いた肖像画の前で今年も開催され、約50人が参加した。文協、援協、県連、アリアンサ、熟連などが共催した。  日伯両国歌を文協合唱団の主導で唱和した後、呉屋春美文協 […]
  • 移民の父、上塚周平の半生描く=熊本市劇団、記念公演10月に2018年8月9日 移民の父、上塚周平の半生描く=熊本市劇団、記念公演10月に  プロミッソン上塚周平植民地百周年ならびにブラジル熊本県人会創立60周年の節目を祝して、熊本市の劇団夢桟敷(坂本真理代表)が来伯記念公演『万華鏡~百年物語』を今年10月に企画している。  前身である旧劇団笠戸丸が、本紙の高木ハウル社長の招聘で移民百周年の翌09年に来伯 […]