ホーム | 日系社会ニュース | 日本祭=被爆者の声伝えたい=長崎から高校生の森さん

日本祭=被爆者の声伝えたい=長崎から高校生の森さん

2007年7月24日付け

 高校生一万人署名活動実行委員主催の署名活動が、「フェスティバル・ド・ジャポン(日本祭)」の展示会場内に設置されていた在ブラジル原爆被爆者協会のブースで署名活動が行なわれていた。
 今回日本から訪れていたのは長崎県立諫早高等学校三年生の森麻衣子さん(18)。今月十八日に着伯し、地元高校生との交流や被爆者体験談の話、署名活動を行なって今月二十四日に離伯する。
 森さんは「ブラジルの人たちは温かく迎えてくれた」と感想を述べつつ、「ブラジルにも被爆者がいる。その声を伝えていきたい」と核兵器の廃絶に向けた思いを話した。
 金曜日と土曜日の二日間で、約六千人の署名をもらったのだが、「一万人は少し難しいかも」と森さんは残念そうな表情で呟くように話した。
 同ブース内には原爆被害の様子や実際に被爆をした人たちの写真などが展示されていて、見入る来場者が多くいた。
 署名した来場者には平和の象徴である手製の折鶴を手渡し、署名への感謝の意を表していた。
 また、同署名活動には高校生平和大使としてブラジルから初めて選ばれた、藤川優美子さん(15、日系三世、リオ在)と、マルセロ・ドス・サントス・クレメルさん(15、サンパウロ市在)の二人の姿もあった。
      ◎
 高校生一万人署名活動はインド・パキスタン沖で行なった核実験を契機に発足した団体。核の脅威を少しでも多くの人に伝え、唯一の被爆国として、核の根絶と平和を目標としている団体。高校生が中心となって活動しているが、誰でも参加することがきる。毎年八月半ばに各地で集めた署名を国連に提出している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄2021年6月22日 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄  ブラジル日本移民113周年記念は歓喜を味わい、過去を振り返る時ではないでしょうか! 「歓喜を味わうとは」――日本移民の経済、農業、園芸、果実、セラード開発、料理、各分野で活躍する有能な人材、さらに、その歴史の継承などはブラジル社会に認められ、高く評価されています。 「振り […]
  • 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔2021年6月19日 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔  6月18日「日本移民の日」を迎えるにあたり、皆様にご挨拶を申し上げます。1908年に笠戸丸がサントス港に到着してから今年で113年となります。  昨年8月に着任した私にとっては今回が初めての移民の日となります。先日、サンパウロにあるブラジル日本移民史料館を訪問し、レ […]
  • 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七2021年6月19日 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七  1908年(明治41年)6月18日、笠戸丸に乗った最初の日本移民781人がサントス港に上陸して113年の歳月が流れました。そして今や、ブラジル日系社会は200万人を擁する大きなコミュニティーに発展いたしました。先達の皆様方の幾多のご労苦とご功績に対し、深甚なる感謝の念と敬意を […]