ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2007年7月25日付け

 下院航空管制CPI(議会調査委員会)に召喚されたズアナッジANAC(民間航空庁)総裁は、「本当のことをいって航空管制のことは分からないヨ。いかに飛行機へお客さんを詰め込むかが、ワシの本職である」と答えた。同総裁とロウセフ官房長官は無名時代、相思相愛の仲であった。いまでもサしつササれつ飲み明かし、忍び合っているらしい。
     ◎
 連邦総監督庁(CGU)は二十三日、公共工事入札で公金横領など不正を働いた疑いの建設会社ガウタマが連邦政府と新たに請負契約を結ぶことを禁止。
     ◎
 リオデジャネイロ市内の二十一階建て商業ビルの地階で二十三日午後三時ごろ火災が発生、六十六歳の女性が死亡、煙を吸い込んだ百人近くが病院で手当てを受けた。濃い煙が階段に充満したため、ビル内の人たちは午後七時に鎮火するまで屋上で救助を待っていた。火災はエレベーター機器販売店で派生したショートが原因とみられている。
     ◎
 サンパウロ州カンピーナス市で二十二日夕方、武装した二人組の男がボアッテ元支配人の自宅へ押し入って現金一〇〇〇レアルを奪った後、妻(29)を郊外のモーテルに連れ込み、乱暴して逃げた。ボアッテで起きたトラブルの仕返しと元支配人。
     ◎
 TAM航空機事故の犠牲者の身元確認作業が困難に直面している。同機が炎上した際、火災の温度は一〇〇〇度を超え、鑑定に必要な遺体のDNAも損傷を受けたため。法医学研究所(IML)では六十六人の犠牲者の身元をすでに確認。指輪などの所持品、歯型や手術痕を優先し、DNA鑑定はまだ実施していないという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《汚職ランキング》ブラジルの汚職の少なさは180カ国中105位=テメル前大統領は「事実と異なる」と反論2019年1月30日 《汚職ランキング》ブラジルの汚職の少なさは180カ国中105位=テメル前大統領は「事実と異なる」と反論  汚職撲滅に取り組む非政府組織、トランスペアレンシー・インターナショナル(国際透明性機構・本部ベルリン、略称TI)が2018年の腐敗認識指数(CPI)を発表。ブラジルは汚職の少なさ(社会の透明性)が35ポイントと評価され、ランキングが低下。調査180カ国中、105位だった。 […]
  • 世界汚職ランキング=ブラジルの清潔度は180カ国中96位=3年で17も順位を落とす2018年2月22日 世界汚職ランキング=ブラジルの清潔度は180カ国中96位=3年で17も順位を落とす  国際的な非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナル(TI、本部ベルリン)が2017年の公的部門における汚職ランキングを発表した。ブラジルは調査対象180カ国中96位だった。  このランキングは上位になるほど腐敗していないことを示す。2016年のブラ […]
  • 中国・ブラジル貿易関係より深める=ブラジル製品輸入拡大で合意2017年11月30日 中国・ブラジル貿易関係より深める=ブラジル製品輸入拡大で合意  サンパウロで開かれ、ブラジルと中国双方の企業400社が参加した、ブラジル・中国セミナーで29日、中国がブラジル製品の輸入を拡大する協力協定に調印した。この協定は、中国貿易促進協議会(CCPIT)とビジネスリーダーグループ(Lide)との間で締結された。  CCPIT会長の陳 […]
  • 東西南北2017年11月30日 東西南北  JBSショックの仕掛人として、今年のブラジル・メディアをにぎわせた同社主のジョエズレイ・バチスタ容疑者が28日、上院で行われた社会経済開発銀行(BNDES)の不正融資問題の議会調査委員会(CPI)と、上下両院合同のJBSの汚職問題のCPIに召喚された。9月の逮捕以後、久しぶり […]
  • 東西南北2017年11月22日 東西南北  本日付本頁で報じた新都市相候補のアレッシャンドレ・バウジー氏に、早速黒い噂が浮上している。20日付フォーリャ紙には、同氏は2011~12年頃に現地紙をにぎわせた連邦警察のモンテ・カルロ作戦の仕掛け人で賭博師のカルロス・カショエイラ被告と深いつながりがあり、犯罪にも関与していた […]