ホーム | 日系社会ニュース | 日本祭が終わって一息=「味が落ちた」の感想も=県連代表者会

日本祭が終わって一息=「味が落ちた」の感想も=県連代表者会

2007年7月28日付け

 県連(松尾治会長)の七月度代表者会議が二十六日、文協ビル会議室で開かれ、二十一日に終了したフェスティバル・ド・ジャポン(日本祭)に関する報告のほか、改善点などについて意見を交換した。
 約十六万人(主催者)が訪れた今年の日本祭。会計報告はまだできていないが、財務担当の大西博巳副会長によれば今年も黒字の見通し。執行部は来月三日に関係者を招いて行う慰労会で中間報告する予定だ。
 加藤恵久実行委員長は「天気にも恵まれ、皆さんの協力で無事に終わることができた。たくさんの来場があり、各県人会としても良かったと思う」とあいさつ。「委員長として感謝したい」と述べた。
 同時期に開催された日系人大会の運営に携わった小松雹玄・秋田副会長は、大会参加者のうち約三百五十人が会場を訪れたと報告。「各ブースで交流ができ、皆さん喜んでいた」と話し、〃自分の国でも参考にしたい〃という感想があったことを紹介した。
 一方で出席者からは、会場の仮設トイレが十分でなく、汚いという感想があったこと。初日にガスや水道などの設備が間に合わなかったことなど、改善すべき点も挙げられた。
 大西氏は、雨のため設営が遅れたと説明、他の点についても改善する考えを示した。松尾会長も、反省会を開き検討すると述べた。
 荒木克弥・山形会長は、来場者から〃前と比べて美味しくない〃という感想があったと紹介。「フェスティバルで一番大事なのは食事。各県人会とも気をつけないと、段々味が落ちてくる」と注意を促した。
 来年の開催は日時、会場共に未定。会長は例年同様七月に行う考えを示し、「早く決定したい」と語った。イミグランテスで行う場合は同十八日から三日間の可能性が高いという。
 会議ではほかに、今月新潟県で発生した地震被害に対し、県連から一千レアルの見舞金を送ることを承認。尾西貞夫兵庫会長から、神戸の旧移住センター改築に県連から記念品を贈る計画などが発表され、今後検討していくことになった。
 この日はまた、百周年執行委員長をつとめる松尾会長から、寄付金集めなど、各県人会、個人単位での百周年への協力が呼びかけられた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]