ホーム | 日系社会ニュース | 人間ドック「婦人科」=援協診療所、8月中

人間ドック「婦人科」=援協診療所、8月中

2007年7月31日付け

 サンパウロ日伯援護協会(森口イナシオ会長)の総合診療所(Rua Galvao Bueno, 596)では、偶数月に専門科別に人間ドック(チェックアップ)を実施しており、八月は「婦人科」を通常の約半額料金で行う。
 今回のキャンペーンでは、婦人科に関わる項目、子宮細胞診、超音波検査(膀胱、子宮、卵巣、乳房)、乳房X線検査(マンモグラフィー『三五歳以上の方』)を行い、健康状態を調べる。検査は當真千鶴医師が中心になって行う。八月一日から三十一日まで。
 當真医師によると、卵巣の病気にかかった時に症状はほとんど無く、気付いたら卵巣ガンという場合もあるという。「早期発見が大事」と話した。そのための食療法、運動、マッサージなど病気を予防する指導も行う。
 来社した関係者らは「いい機会。健康状態をチェックしてみては」と予防を呼びかけた。診療所(11・3385・6600)に要予約。費用は、三十五歳まで二百二十八レアル、三十五歳以上三百五十六レアル。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 水彩画プロジェクト、作品募集2007年8月11日 水彩画プロジェクト、作品募集 2007年8月11日付け  水彩画協会が、水彩画の展示会、講習、相談会などのプロジェクト「UM NOVO OLHAR」を十月二十四日から十一月四日に開催するにあたり、二十日に展示作品の募集受け付けを、滋賀県人会(Rua Bras […]
  • 岐阜県人会=脱親睦化で講演会を開始=第一回は「森作り」テーマ2007年3月14日 岐阜県人会=脱親睦化で講演会を開始=第一回は「森作り」テーマ 2007年3月14日付け  ブラジル岐阜県人会が第一回の講演会を、十六日午後二時から同会館で開催する。〃脱親睦団体〃を標榜する山田彦次会長は、組織をOSCIP(公益民間団体)化する計画を進めており、その文化事業路線の一環だ。 […]
  • 「移民昔話」=佐川医師を招いて=岐阜県人会講演会2007年6月14日 「移民昔話」=佐川医師を招いて=岐阜県人会講演会 2007年6月14日付け  ブラジル岐阜県人会(山田彦治会長)は、佐川ガブリエル医師を講師に招き、第三回文化講演会「移民昔話」を、十六日午後二時から、同県人会会館(Rua Bueno de Andorade, 446 […]
  • 水彩画描く人たちを=〃登竜門〃へ招く2007年8月25日 水彩画描く人たちを=〃登竜門〃へ招く 2007年8月25日付け  水彩画協会が、水彩画の展示会、講習、相談会などのプロジェクト「UM NOVO OLHAR」を十月二十四日から十一月四日に開催するにあたり、三十日に展示作品の募集受け付けを、再び、滋賀県人会(Rua Bras […]
  • 水彩画ファンのために=展示や講習会、相談会2007年9月25日 水彩画ファンのために=展示や講習会、相談会 ニッケイ新聞 2007年9月25日付け  水彩画協会は、水彩画の展示会、講習、相談会などのプロジェクト「UM NOVO OLHAR」を十月二十四日から十一月四日にかけて、午前十時から午後五時、サンパウロ商業協会(Rua Galvao […]