ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

2007年8月8日付け

 先ごろ奥ソロカバナに行ってきたという知人と話した。「驚いた」とその人は言う。「どこもかしこもカンナ畑になっているんですから」
 数年前までは、どちらかといえば牧場の方が目についたサンパウロ州奥地の景色が急激に変わりつつある。知人の話では、州内で牧場をやるのが難しくなってくるかもしれないという位の状況だとか。
 先日訪れたアララクアラでも状況は同じ。右も左も見渡す限りカンナが風に揺れる風景は圧巻ではあったが、一方、あまりに「右へならえ」過ぎるようにも見え、少々薄気味悪く感じた。
 案内の知人が四十数年前に入植した当時は「まだオンサが出た」という。前世紀のコーヒー景気から、日本移民の開拓、戦後は牧場へと姿を変えてきたインテリオールの風景。現在のブームは各地の日系社会にも影響を及ぼしていくだろうか。(ま)

image_print

こちらの記事もどうぞ