ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2007年8月15日付け

 日本では最近、中国から和太鼓のコピーが進出、太鼓業界は大層頭を痛めている。通常価格の半分以下で販売されているので、ついつい手が伸びてしまう。皮を張った状態では専門家でも見分けがつかないが、皮が馴染んでくると音が全く違うものになるという。また、木をくり抜いて作る長胴太鼓なども木を張り合わせて、木目の色や形をつけているので分りにくいとか。太鼓ブームのブラジルでも注意したいところ。
     ◎
 静岡県浜松市の海岸で三年ほど前まで日系ブラジル人たちによって行なわれていた、ブラジル式夏祭り「ルアウ」が今年から屋内で復活、十三、十五、十七日の三日間開催されることになった。静岡新聞によれば、ごみ問題や騒音などで地域住民から苦情がきていたため中止されていたが、楽しみにしているブラジル人たちのためにと、日本の祭りをみて研究してきた。努力の甲斐もあり今回の開催に漕ぎ着けた。今回は日本語のチラシも作成したという。ブラジル人の祭りから町のイベントとして定着するだろうか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • Vカンペジーナが活性化=今度はゴイアスと南大河で2015年3月11日 Vカンペジーナが活性化=今度はゴイアスと南大河で  国際的な農業従事者組織「ヴィア・カンペジーナ(以下、VC)」が、9、10日に食品工場などに侵入したと10日付伯字メディアが報じた。 VCは世界69カ国、148の農業組織で構成され、ブラジルでは農地占拠運動(MST)や女性農民運動(MMC)などが参加している。その目的は土地 […]
  • コラム オーリャ!2004年11月10日 コラム オーリャ!   「あと二十年たった時に自分たちが集まれる場所がない。だから日伯総合センターを作らなくては」と百周年協会のある二世役員は強調する。 […]
  • 《ブラジルサッカー》国内人気No1はフラメンゴ=全体の20%が支持=ホーム平均観客動員も唯一の5万人台2019年9月19日 《ブラジルサッカー》国内人気No1はフラメンゴ=全体の20%が支持=ホーム平均観客動員も唯一の5万人台  世論調査ダッタフォーリャによると、ブラジル国民の20%はフラメンゴファン(フラメンギスタ)で、14%はコリンチャンスファン(コリンチアーノ)であることがわかった。  どのサッカーチームを応援しているかに関する調査は、8月末に国内175市在住の2878人を対象に行われ […]
  • アストリート達の苦しみ2018年6月28日 アストリート達の苦しみ  22日、W杯でのブラジル代表第2戦後、座り込んで泣くネイマールの姿が見られた。終了間際の追加時間に今大会初得点を挙げ、チームとしても初勝利。肩の荷を少しは下したはずのエースの姿を見、高校生の頃流行った漫画に「10人に勝ったら11人分、100人に勝てば101人分努力しなければな […]
  • 親のツケ払わされる新人類=巨額の公共債務、年金赤字に重税2005年7月27日 親のツケ払わされる新人類=巨額の公共債務、年金赤字に重税 2005年7月27日(水) […]