ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2008年4月12日付け

 三月三十日午後三時半ごろ、アクリマソン区ピーレス・ダ・モッタ街で日系人二人が強盗被害に。後ろから不穏な黒人二人組が歩いてきたので、危険を感じた一人が後ろにかけていた鞄を前に隠して様子をうががっていたが、二人が通り過ぎた瞬間、振り返って「携帯を出せ」と脅してきた。一人はおとなしく渡し、もう一人が「持っていない」と言うと、強盗は何事もなかったようにその場を去ったという。嘘がばれて相手が怒る可能性もあったが、今回は被害が少なくて済んだ例。白昼でも注意が必要。
     ◎
 八日に着任したばかりのパラナ州軍警の総司令官、アンセウモ・ジョゼ・デ・オリベイラ大佐(41)は、管轄する大クリチーバ圏管内の日本移民百周年イベント関連の警備を強化するために幾つかの部隊を統合し、特別に「侍作戦(オベラソン・サムライ)」を展開すると就任早々発表した。なんとも粋な名前だが、サンパウロも負けてはいられない。さてどんな名前が。「ニンジャ作戦」あたりはまだ問題ないが、「エバ作戦」ではアニメファンにしか分からないし、「カミカゼ作戦」では少々やり過ぎ?
     ◎
 週三便、成田―サンパウロ間を飛ばしている日本航空(JAL)は今月十一日から、六月の臨時便の予約・販売をはじめた。通常便に加えて、サンパウロからは六月十八日・二十四日にそれぞれ一便、成田からは同月十七日・二十二日にそれぞれ一便出すという。関係者は「通常便は満席状態が続いておりますので、臨時便のご予約をどうぞ」と話している。移民の日を前後に多くの人が両国を行き交うだけに、こちらもすぐに一杯になるかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]