ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年7月31日

 YOSAKOIソーラン大会で初優勝を飾った『青春』。ステージ上で大喜びする彼らとともに、その栄誉を称えるように「セイシュン」コールに加わっていたのは、これまで6度の優勝を誇る『グルッポ・サンセイ』のメンバーだった。前日の路上公演を見ても、グランプリ候補筆頭だと思われた彼らだったが、結果はアダルトの部2位。悔しい思いも当然あったであろう中、優勝チームを称する姿には、心温まるものを感じた。彼らが日本の文化とともに、日本的な精神まで学んでいるのであれば、これほど素晴らしいことはない。
     ◎
 日本の冬並みに冷え込んだ今週のブラジル。タンスの奥にしまっていた桐灰の「はるカイロ」が久々に活躍した。馴れない寒さに震えていたブラジル人にも一つあげると、カイロ自体も珍しかったようで「こんなのブラジルにはない」と大喜び。「日本産カイロは輸入されている」と聞いたのでネットで検索してみると、出てくるのは日本のアニメキャラを使った中国産海賊版ばかり…。日本産カイロの輸入と宣伝をぜひ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年7月7日 大耳小耳  居酒屋「一茶」でも6日から昼だけ店内で食事ができるようになった。午前11時半から午後2時半まで。メニューは、クアレンテナ下でやっているお弁当メニューが中心。幕の内弁当(38レアル)も店内で食べられる。人気のお好み焼き、カツカレー、焼き魚弁当、焼きうどんなどは35レアル。夜は午 […]
  • 大耳小耳2020年6月20日 大耳小耳  徐々に自粛解除となり、今までは営業できなかった店も開店しはじめた。飲食店は未だ持ち帰りや宅配のみ。夜になるとバールなどは店内に入れないようになっているが、店先で肩を並べて数人でわいわい「立ち呑み」しているのを見かけるようになった。外とはいえ、飲み食いの際はマスクを外さねばなら […]
  • 大耳小耳2020年6月17日 大耳小耳      ◎  クアレンテナが段階的に解除となり、限られた時間ながらも様々な店が営業を再開しだした。先日の土曜にはメトロのサウージ駅近くを車で通ったところ、店内が混雑しないようにするためか、出入り口での手消毒のためか、DAISOに客の列が出来ており、隣の店舗前にまで伸びていた […]
  • 大耳小耳2020年4月17日 大耳小耳  日本政府は4月16日、緊急事態宣言の範囲を全国都道府県に拡大した。これまでは、感染への対応を重点的に進める「特定警戒都道府県」として、7都道府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象にしていた。今回新たに6都道府県(北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都)も加え、 […]