ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 日毎叢書企画出版が刊行する随筆集『楽書倶楽部』10周年記念の第52号が出版された。コロナウイルスの混乱により、今回はPDF版で出し、サイト(https://tsuishi.wixsite.com/10syunen)で見られるようした。発行スタッフの前園博子さんと石田勉さんは連名で「楽書倶楽部は10年間、一度も遅配することもなくそれを誇りとしてきました。世界中をコロナウイルスが席巻し未曾有の危機にさらされています。そのため本の発行もやむを得ず遅れることになりました。益々悪化して行く現状ですので、いつお手許に届くか不確かですが一日も早く届き、少しでもお慰めになればと願っています。呉々もご自愛ください。そして一日も早い収束をご一緒に祈りましょう」とのメッセージを送った。サイトを開き、左側の「本文」をクリックすると内容が見られる。全152ページで盛りだくさんの内容。スマホでも読めるので、クアレンテーナ中にじっくり読んでみては。

     ◎
 コロナ災禍で世界各地が外出禁止、各イベントの開催自粛が相次いでいる昨今。日本からの報道によれば、東京浅草で毎年恒例のイベント「浅草サンバカーニバル」の開催が中止になった。東京オリンピック後の9月26日に開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大を懸念して、来年9月25日に延期とした。同カーニバルは、多くの在日ブラジル人と日本人が踊り子として参加し、浅草の街をサンバで賑わせる一大イベント。観客動員数は50万人にのぼる。本来なら「そろそろ練習を本格化させるか」といった時期だったが、サンバチームも観客もさぞ残念なことだろう。来年こそは東京オリンピックに続いて盛大に開催されることを期待。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》モラエス・モレイラ急死=伝説のバンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー2020年4月14日 《ブラジル》モラエス・モレイラ急死=伝説のバンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー  ブラジル音楽界を代表するミュージシャンの一人で、バンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー、モラエス・モレイラが13日、心不全によって死去した。72歳だった。  モレイラが亡くなったのは13日の午前6時頃と考えられている。彼はリオ市ガヴェア地区にある自宅でひとり暮ら […]
  • 大耳小耳2020年3月3日 大耳小耳  2月18日付樹海コラム《県連日本祭りで「日本移民ショー」改訂版再演を》に対する読者からの感想が送られてきた。サンパウロ州ポンペイア在住の須賀得司さんで、ありがたいことに《大いに共鳴、一筆参らす次第》とのこと。一世が日本語世界の中で主張した日本文化を、二世、三世がポルトガル語世 […]
  • 今こそカーニバルの知的風刺精神は知られるべき2020年2月28日 今こそカーニバルの知的風刺精神は知られるべき  24日朝、コラム子がツイッターを眺めていると、突然、日本の知人から連絡が入った。「ポルトガル語で興味深いニュース記事をネットで見つけたのだが、言葉がわからないので教えてくれ」とのことだった。  それはサンパウロ市カーニバルのデスフィーレ(パレード)で、エスコーラ、ア […]
  • サンパウロ市カーニバル=「情熱、奥深さに惹かれる」=日本移民讃えた山車も登場2020年2月27日 サンパウロ市カーニバル=「情熱、奥深さに惹かれる」=日本移民讃えた山車も登場  21日夜、サンパウロ市カーニバルの一番手で行進した「バロッカ・ゾナ・スル」には、10年以上も毎年出場する葛西叙江さん(埼玉県)と、彼女のサンバ・ストレッチ・筋力トレーニング教室の生徒ら約50人が参加した。  葛西さんは花形ダンサーの一つデスタッキを演じ、「今年も直前 […]
  • サンパウロ=アギア・デ・オウロが初優勝=原爆ドーム山車に賛否両論も=今年も日本人・日系人大活躍2020年2月27日 サンパウロ=アギア・デ・オウロが初優勝=原爆ドーム山車に賛否両論も=今年も日本人・日系人大活躍  先週末から毎年恒例のカーニバルが各地で行われ、サンパウロ市ではスペシャルグループに所属する14エスコーラ(チーム)がパレードを21、22両日夜から翌朝にかけてサンバパレード専用会場で披露した。日本人サンバダンサーやブラジル駐在員もあちこちのチームで参加した。中でも「知 […]