ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

2007年8月21日付け

 近ごろはピンガ人気が高い。その昔は悪い酒のイメージが強く、呑みすぎて倒れる向きもいっぱい。つまり―アル中なのだが、治療のため入院した知人は死の直前に「別れの一杯」を望み、娘がカリスを差し出すと―一気に呑み干し「うまい」と呟きながら冥土へ旅立ったそうな。だが、最近は良質のものが市場に溢れ日本やヨーロッパにも輸出され愛酒家らの舌を楽しませている▼ピンガは安酒の代名詞のようなものであり、事実―値段も安い。バス賃にちょっぴり足すだけで一本買えるけれども、呑むときにいささか舌を刺し喉が痛む。昔も今も―これは代わらない。尤も―一本が40から50レアルになると、あの嫌な臭みがなくなり、仄かな香が漂いいい匂いが満ちて格別な味が生まれる。市立メルカ―ド近くにピンガ専門店があり、そこの最高級品は300レほど。ジュニ黒2本分もする逸品なのである▼恐らく―醸成の長短が品質の良悪に影響するのに違いない。昔は東北伯に名品がとされたものだが今や優秀品はミナスに多い。勿論、仏のシャンパンは一本が130万円もするらしいからピンガはまだまだ安い。ここでひと口噺をすると、仏にアル中は多数。けれども独にはいない。ワインとビ―ルが原因らしいが、この流言が真実なら―ブラジルはピンガ大国であり、呑ん兵衛が沢山な筈なのに―それほどもいない▼MG産にFolcloreMineiroがある。中級品ながら美味。日本人移民らの愛酒党が押しかけるTomasuGomzaka57に「金太郎」なる居酒屋があり、これのカイピリーニャがいい。是非―ご試飲を。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中島宏著『クリスト・レイ』第82話2020年11月27日 中島宏著『クリスト・レイ』第82話  上塚が新たに植民地を創設するという話があちこちの地方の日本人移民たちに伝わると、多くの希望者たちが競うようにして集まって来た。その中には、今村の隠れキリシタンの人々も含まれていた。前述したように、この時点での移民たちは、まだ余裕などなく、分譲地であるにしても、それを即金で払え […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第76話2020年11月17日 中島宏著『クリスト・レイ』第76話  やっと手に入っても、満足するような量はなく、おまけにその価格は驚くほど高いものであった。しかし、背に腹は代えられず、とにかく入手できるものはすべて購入し、マラリアに罹った人々に与えた。それによって小康状態を保ち、徐々に回復して行く人々もいたが、それでも犠牲者の増加は後を絶たず […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(8)2020年9月19日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(8)  のちに日本新聞を始める翁長助成(おながすけなり)は、日伯新聞の主筆をやった時代がある。翁長と親交の深かった河合武夫は「モッカの場末のポロン(地下室)ではグーデンベルグが創始した頃のような手刷りの印刷機で双肌脱いだ元気の若い彼(翁長)が、気合諸共エイッと一枚ずつ刷る。十 […]
  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(249)2020年5月8日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(249)  ほんの少しの暇があれば、浜辺にいける。宿直がない水曜日か木曜日の夜、サントスのヴィラ・ベルミロ球場まで足を延ばしサッカーの試合が見られるかもしれない。チームにはジット、ラエルシ、フォルミガ、ペペ、パゴゴアンなどの名選手がそろっていた。また、ペレーとかいうおかしな名前の少年が頭 […]
  • わが体験的感冒予防法=サンパウロ州アルミニオ市在住 塩見岳人(しおみがくんど)2020年4月14日 わが体験的感冒予防法=サンパウロ州アルミニオ市在住 塩見岳人(しおみがくんど)  「二十年以上風邪をひかないんですよ」と言うと、人の反応はさまざまである。信じる人、信じない人に分かれるのだが、信じるにしても素直には信じない。あるいは、――自慢しているナ、もしかしたら嘘かも知れない――と思われて話がシラけてしまう。  「ほう」と言ってニヤニヤして私 […]