ホーム | 日系社会ニュース | 「競技ダンス広めたい」=岸川アカデミーが呼びかけ

「競技ダンス広めたい」=岸川アカデミーが呼びかけ

2007年8月23日付け

 岸川ダンス・アカデミー(岸川吉朗主宰)は七月一日にサンパウロ市内で開催された「第一回サンパウロ州競技ダンス大会」に参加、アカデミー生のペア二組が「中級クラス」の二、三位に入賞した。同大会は、ブラジル競技ダンス連盟主催、サンパウロ市スポーツ局の後援。
 十五年前に創立した同アカデミー。日本やイギリスで国際ダンス教師の資格をもつ岸川氏によれば、競技ダンスは従来の社交ダンスを発展させたもので、テクニックを重視、世界各国で愛好者が増えているという。
 「これらの大会が呼び水となって、競技ダンスがブラジルに根付き、将来日系の選手が国際大会で活躍することを期待したい」と岸川氏は話している。
 なお、九月九日には、「第一回ブラジル競技ダンス大会」が開催される予定。
 関心、興味のある人は同アカデミー(電話11・3263・0393)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ