ホーム | 日系社会ニュース | 厚生ホーム=近く「春祭り」

厚生ホーム=近く「春祭り」

2007年8月24日付け

 【既報】サントス厚生ホーム主催の「春祭り」が、九月二日正午から、同ホームで開催される。刺身やヤキソバなどが二十レアルで食べ放題だ。今回もカラオケや日本舞踊、太鼓ショーなどがある。人気のさつま揚げは今回も販売。
 来社した関係者らは「美味しい料理ばかり。みなさんでお越しください」と来場を呼びかけた。
 当日は午前八時に援協総合診療所入り口前(ガルボン・ブエノ街596)からバスが出る。今回はサントス植物園の散策(無料)、日本移民特別展をおこなうカフェ取引所(五レアル)の観光つき。参加料は往復バス代と昼食代込みで四十五レアル。午後三時に同ホームから帰りのバスが出発する。申し込みは援協福祉部(電話11・3385・6606、文協ビル地下)まで。代金前払いで、予約は担当古谷へ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年4月8日 東西南北  サンパウロ市では5日から、市立校の教職員を対象としたPCRテストを行っている。同市教育局によると、5日だけで2万人がテストを受けたという。そのため、初日の5日には検査の数が足りなくなったり、長蛇の列ができて3密が発生したりしたが、6日には、回廊部分に間隔をあけて椅子を並べ、順 […]
  • 東西南北2021年4月6日 東西南北  ブラジルを代表するバラード歌手アギナルド・チモテーオが3日、コロナウイルス感染症で入院していたリオ市の病院で亡くなった。84歳だった。アギナルドは歌手だけでなく、政治家としても知られ、下院議員の他、サンパウロ市、リオ市の市議を務めたこともある。実直な人柄で知られ、コロナウイル […]
  • 《記者コラム》頼みの綱の軍部からも一線を引かれた大統領2021年4月6日 《記者コラム》頼みの綱の軍部からも一線を引かれた大統領 セントロンに追い詰められる大統領  3月24日、ブラジルはコロナ死者30万人を超えるという惨状を呈した。この社会的不安感と緊張感の高まりを背景に、経済界も対策を求める意見書を公開し、それに背中を押されて政界の動きも激しくなった。3月末には1日の死者が4千人超の日が出るなど事態 […]
  • 東西南北2021年3月25日 東西南北  24日で、サンパウロ州が対コロナウイルスの外出自粛規制をはじめてから1年が経過した現在、サンパウロ州はもっとも厳しい規制を行っている真っ只中だ。その間に、州内では233万人余りの感染者と6万9千人弱の死者を記録している。これに関して、「もっと厳しい規制を行わないから封じ込めら […]
  • 《サンパウロ大都市圏》公共交通機関の利用者激減=より厳しい外出規制採用で2021年3月24日 《サンパウロ大都市圏》公共交通機関の利用者激減=より厳しい外出規制採用で  新型コロナの感染再燃でより厳しい外出規制が採用されたため、サンパウロ大都市圏では、バスと鉄道の双方の利用者が62%減少した。  サンパウロ州政府によると、市内バスと市間バス(EMTU)、地下鉄、都電(CPTM)の利用者は、パンデミック前の1050万人/日から400万 […]