ホーム | 日系社会ニュース | 最高の人生を送るヒントとは=今回も盛況、GLA映像の集い

最高の人生を送るヒントとは=今回も盛況、GLA映像の集い

講演の様子

講演の様子

 宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は11月25日(日)、サンパウロ市リベルダーデ区のFECAP劇場で「高橋佳子講演会映像の集い」(ポ語音声通訳付き)を開催した。会場には約300人が集い、講演の映像に頷いたり笑ったり、時には涙ぐむ人の姿も見られた。
 今回のテーマは高橋氏の新著と同じ『最高の人生のつくり方―グレートカオスの秘密』。〝最高の人生〟は今とは全く別のものではなく、「今ある人生の中に眠っている可能性を形にすることであり、誰かと比較して最高なのではない」と説いている。
 講演映像では、1人の会員を登壇させ、実際の体験を詳しく聞きながら、どういう考え方が出来たから変わっていったのかを細かく紐解いていった。
 「人生の中でいつか大きな転機が来る。それに向き合う自分の心次第で、人生は良くも悪くも一変する」と同氏。厳しい現実があっても逃げず、まずは自分の心の傾向や弱点を知り、克服すること。そうすれば新たな境地と知恵を得て、自分にとって最高の人生に向かうことが出来ると、力強く説いた。
 開始前から会場には『自己診断チャート』という自分の心の傾向を知る診断コーナーが設けられていた。配布のアンケート用紙に記入すれば、一瞬にして機械で診断結果が出る。各自がその結果を元に、展示されたパネル等を見ながらスタッフに説明を聞いていた。診断は休憩中や講演後の懇親の場でも行われ、列が出来るほど盛況だった。
 友人のすすめで初めて参加したというイタペチニンガ在住の高田鈴江さん(69)と折田晴子さん(79)は、「自分の宗教はあるが、それとは別にこれも勉強になると思った」と語り、一つの人生哲学として受入れられる考え方に興味が湧いたようだった。


□関連コラム□大耳小耳

 GLA映像に集いには、日本の本部から4人が来伯。講演会に際しては初来伯となった小谷恵介さんに当地の印象を聞くと、「古き良き昔の日本がある」とのこと。仲間の絆も深く、〝信〟が強いという印象を持っているそう。来年には会館が落成するため、今後の当地での活動が楽しみだと語っていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》全国市長選の結果予測=サンパウロ市はコーヴァス逃げ切りか=リオ市はパエス返り咲き有力2020年11月28日 《ブラジル》全国市長選の結果予測=サンパウロ市はコーヴァス逃げ切りか=リオ市はパエス返り咲き有力  29日の市長選決選投票を目前に控え、注目の都市での世論調査が出た。サンパウロ市では現職のブルーノ・コーヴァス氏(民主社会党・PSDB)がギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)を僅差でリードのまま当日を迎える。27日付現地紙、サイトが報じている。  ダッタ […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=リオは医療崩壊寸前か=サンパウロ州でも規制強化求める声=第2波到来は否定するも2020年11月28日 《ブラジル》コロナ禍=リオは医療崩壊寸前か=サンパウロ州でも規制強化求める声=第2波到来は否定するも  【既報関連】新型コロナで第2波到来を口にする専門家も出始める中、リオ州では入院待ちの人が連日200人を超えるなど、医療崩壊の兆候が出ている。オズワルド・クルス財団(Fiocruz)は第2波到来を否定したが、感染者や死者の増加を認め、警告を発したと27日付現地紙、サイト […]
  • サンパウロ州内陸部で暴風雨=濁流で車26台流される2020年11月28日 サンパウロ州内陸部で暴風雨=濁流で車26台流される  サンパウロ州内陸部のサンカルロス市で26日午後、雹を伴う猛烈な雨が降り、市中心部の商店街を中心に大きな被害が出たと26、27日付現地サイトが報じた。  午後4時35分から5時40分までの約1時間に降った雨は138ミリに及び、市内の道路が濁流で覆われた。市内各地で車が […]
  • 《ブラジル》ブラックフライデー=コロナ禍でネット通販激増=混雑きらい実店舗ガラガラ2020年11月28日 《ブラジル》ブラックフライデー=コロナ禍でネット通販激増=混雑きらい実店舗ガラガラ  27日の「ブラック・フライデー」の売れ方は、コロナ禍の影響もあり、ネット上が強く、販売店では弱いという傾向が出ていると、27日付現地サイトが報じている。  ブラック・フライデーはここ数年、ブラジルでもクリスマスと並ぶ、年間を通じた小売の稼ぎどきとして定着している。だが、今年 […]
  • 東西南北2020年11月28日 東西南北  29日は市長選の決選投票が行われる。サンパウロ市もコーヴァス氏が勝つか、追い上げるボウロス氏が逆転するかで、目が離せない展開となっている。だが、気になるのは投票場の状況だ。11月に入ってコロナの感染者や死者が再び増えているからだ。選挙高裁は、選挙人証の代わりとなり、投票圏外に […]