ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2007年8月29日付け

 創立八十周年を祝った山口県人会。同会では式典に向けて、三年前から平中会長ら役員が国内在住の県人を訪問し、参加を呼びかけ。北はパラー州トメ・アスーまで足を運んだという。中にはドウラードスのように、役員訪問をきっかけに、支部活動を再開した所もあった。苦労の甲斐あってか、式典当日は六百人を超える盛況。通信がいくら発達しても、やはり基本は歩くこと、か。
     ◎
 援協常任理事の山口正邦さんが今年も三万レアルを援協に寄付した。二〇〇一年から毎年大型寄付をしている山口さん。これまで十九万レアルを寄付しており、今月の理事会で表彰をうけた。「まったくもってありがたいかぎり」と関係者は感謝しきり。
     ◎
 熊本県文化交流協会では月曜日(午前九時から十二時まで)に油絵教室、毎週金曜日(午前九時から十二時、午後二時から五時まで)に木工細工の教室を実施しており、同会で受講者を募集している。油絵の講師は坂本マリーナさん、木工細工の講師は明石照久さん。受講費はどちらも会員六十レアル、会員以外の人は八十レアル。連絡先は(11・5084・1338)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ