ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2007年8月31日付け

 ルーラ大統領は最高裁の新判事にジレイト氏を指名した。大統領がブラジルはジレイタ(右翼)でもエスケルダ(左翼)でもないと言うのに、なぜジレイト氏か。最高裁は裏金疑惑で被告四十人を迎え、腰掛が足りないのでヒナ壇を作るらしい。被告人が多すぎて、贈賄チームと洗浄チーム、広報チーム、銀行チームに分けた。線審はモニカ・ヴェローゾ。大統領は言った「ジェノイーノ? ウイスキーのブランドか、それ?」
     ◎
 レワドンスキー最高裁判事が二十八日夜、ブラジリア市内のレストランで、「ジルセウ前官房長官を大目に見る方向に傾いていたのに、マスコミが最高裁を尻込みさせた。判事はみんな首にナイフを当てられて投票したようなもの」と携帯電話で話していたところ、近くにいたフォーリャ記者が耳にはさんだ。同判事はただ一人、ジルセウ被告が裏金配布の首謀者であるとしたバルボーザ判事の報告に異議を申し立てていた。
     ◎
 ルーラ大統領は二十九日に開かれた閣議で、ラセルダ連邦警察長官をブラジル情報局長官に転任させることを決定した。ラセルダ長官の後任は国家公安局長官のコレア氏が就任予定。ラセルダ長官は今年五月以降、ジェンロ法務相との間で確執が高まっていた。
     ◎
 サンパウロ州教育局は大学進学支援策の一環として、来年から州立高校三年生に無料で補講を行う計画。対象者は八〇万人。経費については未公表。
     ◎
 サンパウロ市パウリスタ大通りで自転車に乗った男が、歩行者が通話中の携帯電話を強奪する事件が多発し、当局が注意を呼びかけている。サンパウロ市では昨年一万台以上の携帯電話が盗まれたという。

image_print

こちらの記事もどうぞ