ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2007年10月4日付け

 ブラジル人を中心とする外国人が人口の一六%を占める群馬県大泉町で、先月三十日、「大泉カルナバル」が行われ、約二千人が訪れたと日刊スポーツが報じた。今年四月に発足した主催の大泉町観光協会は「外国人が多いことを観光資源に」という発想から今年第一回を行った。同紙の取材に対し、同協会の若旅吉昭会長は「外国人も巻き込んで町おこしをするのがこれからの課題。大泉カルナバルはその第一歩」と語っている。マスコミから〃ブラジルタウン〃と言われて十年以上たつ同町。共生のモデルを見せてほしい。
     ◎
 ブラジル水泳界初のメダリスト、岡本哲男さんが二日亡くなった。関係者の話によれば近年は腎臓の持病もあったそうだ。岡本さんが銅メダルを獲得したヘルシンキ五輪千五百メートル自由形。この時の金メダルは米国の日系二世のフォード・コンノ選手、銀メダルは日本の橋爪四郎選手が獲得。国籍は違えど日系人が表彰台を独占し、話題になったという。
     ◎
 ブラジル人空手家のフラビオさんは空手や古武道以外にも興味がある。三線、エイサー、舞踊と、沖縄に関する芸能はとにかくアプロベイタしている。彼の門下生によれば「津軽三味線も習っていた」とか。沖縄だけでなく日本文化に対する興味の広さ。文化伝承にかける思いは人一倍強いと思った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ソサイチの大泉、初戦に快勝=関東リーグ制覇へ首位発進=サンパウロの国際連盟から祝辞も2017年1月13日 ソサイチの大泉、初戦に快勝=関東リーグ制覇へ首位発進=サンパウロの国際連盟から祝辞も  【既報関連】サッカー7人制競技「ソサイチ」で、日本国内初の総当たり戦「関東リーグ」が7日開幕した。ブラジル人を中心に構成された「ニューセントラル大泉」も参戦しており、4―0の快勝で好スタートを切った。また開幕式典では、サンパウロにある国際連盟から祝辞が寄せられ、大泉所属の […]
  • 『ふろんていら』50号に思うこと2016年11月15日 『ふろんていら』50号に思うこと  サンパウロ州アルミニオ在住の伊那宏さんが主宰する詩歌サロン『ふろんていら』が、記念すべき50号を9月に発行した。個人で年4回も定期刊行を続ける苦労は並大抵ではないだろうに、12年半も続いてきた。もちろん、伊那さんの志に賛同して投稿する人がいればこその快挙だ▼本人筆による一 […]
  • 大耳小耳2014年4月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年4月16日  在ブラジル特命全権大使に就任した梅田邦夫さん。これまでの赴任歴を尋ねると、実は各国の大事件のオンパレードだ。ペルー赴任は公邸占拠事件の直後だったし、ニューヨークの国連代表部にいた時は9・11事件が勃発し、中国公使時代はチベット暴動や毒入り餃 […]
  • コラム 樹海2014年4月3日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年4月3日  領土や歴史問題を巡り、日本と周辺諸国、在日外国人の間で不協和音が高まっている。先月末に本紙で紹介した川目武彦弁護士はそうした状況を危惧し、昨年、群馬県大泉町にポ語通訳を置いた法律事務所を開設した。様々なサービスから疎外されがちな在日外国人に「 […]
  • 川目武彦弁護士2014年3月28日 群馬県大泉町=法律相談始め反響広がる=川目武彦弁護士が来伯=「日本社会に溶け込んで」=当地弁護士との連携模索 ニッケイ新聞 2014年3月28日 元祖〃ブラジリアン・タウン〃群馬県大泉町に、ポ語通訳を置いた法律相談をする事務所が昨年11月に開設され、在日ブラジル人の間で反響を呼んでいる。日本でポ語の通訳を置いたサービスは全国的にも珍しい。同町に事務所を開いた弁護士法人「川目法律事務 […]