ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2007年10月4日付け

 インドシナ半島は仏教を信仰する国が多い。タイやカンポジアを始めラオスもベトナムもだし、ミャンマ―(ビルマ)もである。しかも、信仰は深くミャンマ―では、男の子は得度して僧侶になるための修行をするのが習いであり、今も続く。赤い衣を纏った坊さんらは読経しながら街路を廻り仏の道を説く。そんな長閑な国・ミャンマ―が武力国家になってしまった▼僧侶らが軍政に抗議し立ち上がったのは、ガソリンなど燃料の高騰があったからだ。この2年間に約9倍にもなったのに軍事政権はさらに500%の値上げと布告したので国民の怒りは爆発する。僧侶も軍政の退陣と民主化を求めてデモを組織し、10万人を超える人々が参加する抗議集会になり、治安部隊は鎮圧に乗り出し、日本のジャ―ナリストが銃殺されるの事件も起きた▼僧侶4000人を拘束し、軍隊が寺に侵入したの報道もあり、もはや無頼の国の混乱である。この国は戦後に独立してから軍部が強く政治的には、不安定な状況が長い。京都大学で研究生活を送ったノーベル賞のアウンサン・ス―チ―さんも自宅軟禁が長い。民主化運動の指導者なのに政治的な自由はゼロに近く、軍事政権の真っ暗闇でひっそりと息をしている▼最大の都市(前の首都)ヤンゴンは「戦いの終り」を意味するそうだが、ミャンマ―もみんなが睦み合うようになってほしい。日本とは遠いけれども、徳川幕府が始まった頃、ミャンマ―王国の護衛部隊として武士団が活躍の記録があるし、戦後の経済支援も世界一だった。武力を捨て仏教の道に戻って―笑いに満ちた国を目指して貰いたい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■営業人生59年の生き字引2017年3月29日 ■ひとマチ点描■営業人生59年の生き字引  本紙最古の営業部員、金子ロベルト司さん(85、二世)が先々週をもって退社した。日伯毎日新聞で1970年から働き始め、ニッケイ新聞まで47年間というから、ほぼ半世紀だ。邦字紙界の生き字引が、営業人生に幕を引いた。  その前にはラジオ・サントアマーロで1958年10月3日か […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 終戦70年記念=『南米の戦野に孤立して』=表現の自由と戦中のトラウマ=第17回=対伯批判できない邦字紙2015年10月22日 終戦70年記念=『南米の戦野に孤立して』=表現の自由と戦中のトラウマ=第17回=対伯批判できない邦字紙  戦争中の経験は移民史上に残されず、心の奥底にうずき続けた。 サ紙創立に関わり、文協事務局長、県連会長も務め、コロニアの裏面をよく知っていた藤井卓治は「日本語新聞最大の欠陥は、ブラジルの政治批判が許されないことにある。三浦日伯は日本の出先官憲批判で、時報と対立となりブラジル政治 […]
  • 『闇の一日』の撮影の様子(IMJ提供)2015年5月30日 レジスタンス記念館で上映会=勝ち負け抗争描く『闇の一日』  勝ち負け抗争における脇山甚作事件実行者の一人、日高徳一さんの話を中心に当時の社会背景を描いたドキュメンタリー映画『闇の一日』(奥原マリオ純監督、2012年)の上映会が、サンパウロ市の州立レジスタンス記念館で6月6日午後2時から「土曜レジスタンス」の一環として行 […]
  • 注・小党については党名、議員数を省略しています2014年7月16日 いよいよ大統領選が本格化=天下分け目の10月決戦へ=舞台裏や裏取引きあれこれ=駒形 秀雄  サッカー世界大会は強豪ドイツの勝利となり、ブラジルの「地元で優勝」の夢は〃コッパ微塵〃に砕かれて、終わりとなりました。一方、この1カ月間、地元の大統領選挙のほうはその布陣展開に大きな進展が見られ、有力候補陣の顔ぶれ、政党間の合従連衡などが確定しました。これで10月に行われ […]