ホーム | 日系社会ニュース | 80歳選手も参加して=元気にオールドボーイ野球

80歳選手も参加して=元気にオールドボーイ野球

ニッケイ新聞 2007年10月6日付け

 第四回オールドボーイ野球大会(72歳の部、移民九十九年杯)が九月三十日、ジガンテ第一球場で行われた。
 前回までの年齢別のチーム分けから、今回はクラブ単位でチームを編成して総当たり戦を行った。レジストロ、カンピーナスなど遠方を含む三十二人が参加、年齢を感じさせないファイトで汗を流した。平均年齢は七十四・三歳。八十歳の和田おさむさん、米国人のウイリス・ヨルドン・スティッチさんも参加した。
 次回の大会は来年のカーニバル頃を予定。地方に呼びかけて全伯大会の開催も考えているという。主催者では「今回参加できなかった『昔の野球少年』の皆さんも、次回はぜひ一人でも多く参加してほしい」と呼びかけている。
 大会結果、個人賞は次の通り(敬称略)。
 【優勝】Aチーム=和田おさむ(80)、佐川ガブリエル(79)、宇恵けんきち(78)、佐藤ぜんき(75)、淵野まさのぶ(75)、渋谷ようすけ(74)、西ただひさ(72)(以上、ジガンテ)、玉木しげゆき(73)、長谷川かつとし(72)(以上、スドエステ)、吉浦わたる(監督、ジガンテ)。
 【個人賞】頑張ったで賞(一番敢闘した選手)=淵野まさのぶ、元気で賞(一番張り切った選手)=佐久間きよ(72)、ピッチャー賞=和田おさむ、キャッチャー賞=新丸ひろゆき(72)、内野賞=矢部りょうぞう(76)、野田かいち(72)、長谷川かつとし、茶屋美津つかさ(72)、外野賞=山田あきら(74)、荒井みつぎ(74)、玉木しげゆき。

image_print

こちらの記事もどうぞ