ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2007年10月6日付け

 ブラジル初の競泳メダリスト岡本哲男氏が二日に逝去し、国内マスコミがこぞって惜しむ報道をした。ミナス州イタジューバ市在住の河合五十一さん(いそゆき、95)も編集部に電話を寄せ、「不思議なことがあるんですね」としみじみ。五二年のヘルシンキ五輪で銅メダルを獲得したすぐ後、岡本さんは同地の陸軍施設を訪問した折り、当時数少なかった日系人が集まって歓迎会をした。その時に河合さんは、一八一〇年代の貴重な銀貨をプレゼント。一週間前、河合夫人が家の中を整理していた時に思いだし、なにげなく「岡本さんはどうしていますかね」と話をしたばかりだったとか。
     ◎
 カンポ・グランデの沖縄そばがサンパウロ市で食べられる!?――。その噂を聞きつけ、調べてみるとヴィラ・マリアナ区にある店で出していることが分かった。すでに食べたことのある沖縄一世によれば、こちらは通常のソーキ(トンコツ)の出し汁ではなく、醤油味のよう。サンパウロっ子は醤油がお好き?
     ◎
 ブラジル日系福音キリスト教会連盟(長田光夫理事長)主催の巡回伝道が、日本から伝道団体を迎えて行われる。一行がリオで行う牧師会には、Jリーグの鹿島アントラーズなどで活躍したビスマルク・バレット・ファリア元選手が出席する予定だとか。ビスマルク元選手はゴールを決めた後に眉間を摘み跪くポーズで、日本で一世を風靡した有名サッカー選手。彼は崇高なクリスチャンで神に祈りを捧げるためにこのポーズをしていたとか。牧師会では当時のポーズを見ることができるかもしれない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • フラメンゴ32回目の優勝=引き分けで勝敗はPK戦へ=ファン同士の衝突では死者も2011年5月3日 フラメンゴ32回目の優勝=引き分けで勝敗はPK戦へ=ファン同士の衝突では死者も ニッケイ新聞 2011年5月3日付け  1日に行われた2011年度サッカー・リオ州選手権決勝は、赤と黒のチームカラーで知られるフラメンゴがPK戦でヴァスコを下し、32度目のリオ州チャンピオンに輝いたと、2日付エスタード紙が報じた。 […]
  • 2008年6月20日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=独断と偏見で選ぶ=後世に残したい『コロニア文化遺産』 ニッケイ新聞 2008年6月20日付け  第一回移民船笠戸丸がサントスに到着して百年。ブラジル日系社会(コロニア)は新世紀を迎えた。益々ブラジルへの同化が進んでゆく今だからこそ、何を残すべきかを考えたい。戦前・戦後の移民二十五万人、そしてその子孫らによる一世紀にわたる生活 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]