ホーム | 日系社会ニュース | 移民99周年油・水彩画展=聖総領事館で16日から

移民99周年油・水彩画展=聖総領事館で16日から

ニッケイ新聞 2007年10月9日付け

 ブラジル日本移民白寿(九十九年)記念の日伯油絵と水彩画展(マリンクラブ、グループ石川共催、在サンパウロ日本国総領事館後援)が、十七日から十九日にかけて、同総領事館(Av, Paulista, 854 3-ander Edificio Top Center)で開催される。イナウグラソンは、十六日午後五時から。
 マリンクラブは油絵同好会で、グループ石川は、石川県人会の文化活動の一環として行われている水彩画教室。計十六人が参加し、約四十点あまりの作品が展示される。
 両グループの指導をしている中嶋岩雄さんは「様々な題材の作品があるので勉強になる」と話し、参加者の川井洋子さんは「一年間作ってきたものの中から、いいものを選びました」。
 県人会以外での展示会は今回が初めてで、「多くの人に見に来てほしい」と来場を呼びかけている。
 開催時間は十七日、十八日は午前十時から午後五時半、十九日は午前十時から午後一時半まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ