ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2007年10月25日付け


 昔は結核が多かった。日本だけではなく、国際的なものであり、移民たちも同じである。カ・ド・ジョルドンの「さくらホ―ム」も元々は結核のサナトリオであり、肺を病んだ移民たちが療養に励んだところである。当時は、化学療法も未発達で治療の仕方も余り進んではいない。これが患者激増に繋がったのかもしれない。だが―もう一つ、食事が貧しかったのも大きい▼幕末から明治の頃、日本にやってきた欧米の医師らは、日本の食事を見て余りの栄養不足に驚いたそうだが、事実、今のグルメ時代の想像を超えるほど貧しかった。豊後(大分県)の臼杵藩の武士たちの食べ物も、飽食とは遠い。「朝は粥、昼は麦飯。副食は朝昼とも大根や瓜などの漬物で、夕食にみそ汁をたく。1日、15日のみ野菜の煮付けか、雑魚を食べる」と、大分歴史辞典にあるという▼これでは西洋の医者でなくとも、あまりの貧弱さに驚き、結核菌にも負けてしまう。その列島人が美食を求め大いに食べるようになったのは70年代になってからだろう。と、同時に肥満社会になり、結核とは縁遠くなったかわりに心臓病などの成人病が流行する。社長は肥満人であり、貧は痩身の話がさながら「真実」の如くに語られ、我も我もと肥る▼アメリカもまったくの肥満大国であり、今や痩身鶴の如き―が理想体型とされる。「豊かさの象徴だった肥満は、貧困の象徴」と呼びかけ警告する専門家がいっぱいだし、痩せるためのスポ―ツが盛んになっている。肥る食事も敬遠され、麦飯に漬物の江戸ではなく、刺身や煮物、焼き物が付いた「和食」が人気なのも頷ける。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]