ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2007年11月17日付け

 イスラム支配下のイベリア半島をキリスト教徒の手に奪回した「レコンキスタ」の主役はスペインだが、20世紀の最大事はフランコ将軍が率いる専制独裁国家であり、スペイン内乱だった。32歳の若さで少将になったフランコは人民戦線に反対し内戦に―。世界の知識人らは猛反発し、「老人と海」のヘミングウエ―も戦場に駆けつけ銃を手にして闘う▼中南米での「血の征服」は有名だし、今もフランコ非難は多いけれども、スペインは強く逞しい。その国のフアン・カルロス国王が、チャベス大統領に「黙れ」と怒鳴りつけたそうだ。今や「新しい社会主義」を標榜しベネズエラを導くチャベス氏は、元陸軍中佐のエリ―トながら極めて口が良くない。国連総会でブッシュ大統領を「悪魔」と呼び批判されるなど、その悪口雑言ぶりは常軌を逸している▼まあ―これは国王の「黙れ」が正しい。チャベス氏は、国王を面前にしてアスナール前首相を「フアッシスタ」と批判し続けるのでカルロス1世の怒りが爆発したらしい。こうした騒ぎのために中南米首脳会議が混迷したが、ここは新社会主義の主唱者が「詫び」をするのが礼儀だろうが、なかなかどうしてチャベス氏も強い。「黙れ」発言は聞こえなかった―とし「わたしは、真実を言ったまでだ」と記者団に語ったそうだから、これはこれでご立派としか申しようがない▼病床のカストロ議長を敬い、モラレス大統領と親しく、イランの大統領とも近いけれども、米欧の市民らはほとんどが「チャベス大嫌い」の世論調査もある。暴言と悪罵もいいけれど―ほどほどにとお願い愛したい。   (遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • バチェレ氏が大統領就任=ラ米でチリの存在感増すか=ベネズエラ問題も課題に2014年3月12日 バチェレ氏が大統領就任=ラ米でチリの存在感増すか=ベネズエラ問題も課題に ニッケイ新聞 2014年3月12日 チリ海岸部のヴァルパライソ(サンチアゴから約120キロ、同国の国会所在地)で11日、ミチェレ・バチェレ大統領の就任式が行われた。ブラジルのジウマ大統領は10日夜チリに到着し、11日朝、就任前のバチェレ氏と首脳会談を行ったと11日付アジェンシ […]
  • ベネズエラ=カーニバル期間中もデモ=抗議者との対話進まず2014年3月4日 ベネズエラ=カーニバル期間中もデモ=抗議者との対話進まず ニッケイ新聞 2014年3月4日  ベネズエラ国内の反政府運動は収まる気配がなく、2日も首都カラカスで数千人規模のデモが行なわれた。2月から続く動乱を受け、ブラジルも大使を送り、ベネズエラ政府と対話を行う意向と3日付伯字紙が報じている。  ベネズエラでは先週末から4日までがカ […]
  • 混乱止まらぬベネズエラ=抗議運動で3人が死亡=大統領独裁と失政で国2分=暗躍する過激リーダーも2014年2月18日 混乱止まらぬベネズエラ=抗議運動で3人が死亡=大統領独裁と失政で国2分=暗躍する過激リーダーも ニッケイ新聞 2014年2月18日 ベネズエラで、故ウゴ・チャベス前大統領の後継者であるニコラス・マドゥーロ大統領と現政権に対する不満が高まり、12日に首都カラカスで起こった抗議運動では3人が死亡、逮捕者69人を出す大騒動となった。同国政府は、抗議運動を先導したとしてチャペコ […]
  • 「南米に居たら殺される」=ベネズエラ人操縦士が亡命申請=4カ月空港を〃住居〃に2014年2月15日 「南米に居たら殺される」=ベネズエラ人操縦士が亡命申請=4カ月空港を〃住居〃に ニッケイ新聞 2014年2月15日 ベネズエラ政府から脅迫を受けていると訴え、ブラジルに亡命を申請しているベネズエラ人パイロットがいる。4カ月の間、首都ブラジリアのジュセリーノ・クビチェック国際空港に〃住んで〃いたこの男性は、そこからブラジリアのメトロポリターナ大聖堂に居を移 […]
  • コラム 樹海2013年11月30日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年11月22日  ベネズエラ議会はマドゥーロ大統領に1年間限定で、議会を経ずに政策を打ち出せる特権を与えた——とのニュースに接して頭を抱え込んだ。Xマスを11月に前倒しとの報道にも仰天したが、議会がそんな特権を与えるとは…。選挙で選ばれた代議士の集まりであ […]