ホーム | コラム | 樹海 | 「言葉の力」を大切に

「言葉の力」を大切に

 知人との会話の中で、「言葉の力」という言葉が出てきた。「愛」「感謝」といった言葉を書いた紙の上に水の入った入れ物を置いておくと、水の分子が雪の結晶のようなきれいな形になり、水質もよくなるが、「憎しみ」「怒り」といった言葉を書いた紙の上だと、分子はきれいな形にはならないという内容のビデオを見たというのだ▼ビデオの件は確認出来ていないが、子供を叱る時や誰かをけなす時も、日本語とポルトガル語では表現のきつさが違い、子供の人格に与える衝撃や影響の大きさが違うという話も出た。その話を聞きつつ、「治る、治る、きっと治る」と言いながら頑固な喘息を克服した日本の企業家の話や、「この愛機で飛び回り、思う存分仕事が出来るなら、愛機と共に事故で果てても構わない」と言っていた男性が、本当に事故死した話などを思い出した▼知人の塾経営者は生徒の前では極力、否定的な表現を避ける事や、相手が子供でも、(親近感を失わない程度に)大人同様の敬意を示し、正しい言葉遣いをする事をスタッフに求める。これも、言葉の持つ力や言葉に表れる相手への敬意を考えている例だ。ある意味で、凶悪犯罪発生率が極度に低かったスラムでの調査で、あたかも母親の如く生徒を扱った教師の存在が認められた話と一脈通じるかも知れない▼日本人なら「言霊」という言葉や、「言霊の幸ふ国」(言葉の霊力が幸福をもたらす国の意、日本の事を示す)という表現を耳にした事もあるだろう。何かを頼む時にも、「あなたがいい」と言われた人と、「あなたでいい」と言われた人とではモチベーションが違う。言葉の力を再認識し、人を癒し、励ます言葉を使いたいと思う。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 日本式とブラジル式の排斥、どちらがいい?2019年9月20日 日本式とブラジル式の排斥、どちらがいい?  「誰かが、誰かを排斥する」。これは現在の日本やブラジルのみならず、どこの国でも何かしら行なわれているものだ。その対象が国によっては「移民」になるであろうし、どこの国もその意味ではモラル上の問題を抱えている▼ただ、自分の生活の問題上、日本とブラジルで展開されている「排斥 […]
  • 伯国激動の時代を風刺した映画「バクラウ」2019年9月13日 伯国激動の時代を風刺した映画「バクラウ」  「激動の時代にこそ、芸術は生まれる」。そのようなことは昔から言われる。たしかに「為政者からの圧力が強かったがゆえに生まれた芸術」の例は古今東西、枚挙に暇が無いが、現在、公開中の映画で、伯国史上、初のカンヌ映画祭受賞作(審査員特別賞)となった「バクラウ」は、まさにそんな […]
  • 9・11と黄色い9月2019年9月12日 9・11と黄色い9月  11日朝、「米国の同時多発テロ事件から18年」との報道が続いた。時の流れの速さに驚くと共に、余りにも鮮明に記憶に残る事件の一つだと痛感する。飛行機が相次いでビルに突っ込み、爆発的な火災が発生。多くの死者は遺体さえ発見されていないし、近接ビルの屋上から多くの骨片回収との報道もあ […]
  • 移民の経験を評価し直すありがたい国際学会2019年9月10日 移民の経験を評価し直すありがたい国際学会  「日系人にとって郷土料理とは何か」、「日系人にとって郷土とは何か」、「現在日本における『日本文化?』の流動性」、「言葉とアイデンティティの関係を過度に重視する問題」――などなど、気になるキーワードがたくさん専門家から語られた興味深い国際学会が4~6日に、聖市のジャパン […]