ホーム | 日系社会ニュース | 新潟県人会の餅つき=早めの注文を呼びかけ

新潟県人会の餅つき=早めの注文を呼びかけ

ニッケイ新聞 2007年12月13日付け

 新潟県人会は好例の餅つきを年末二十八、二十九日に行うにあたり、早めの注文を呼びかけている。柿嶋昭三会長は「今年もレジストロの美味しい餅米二百キロを搗きます」という。
 白餅はキロ十二レアル、あん餅は一袋五レアル、よもぎ餅は同六レアル。お飾りは通常は二段重ねで二百五十グラムから五百グラムていど、「注文次第で何段でも作る」という。
 当日は午前十時から午後四時までに引き取りにきてほしいとのこと。二十九日には、例年同様、県人会役員がサントス厚生ホームに正月の餅を寄付に訪れるという。
 注文は二十二日ごろまで受け付ける。県人会事務局(11・3209・5116)または朝妻さん(11・5573・1451)まで電話連絡を。

image_print

こちらの記事もどうぞ