ホーム | 日系社会ニュース | サントス日本語学校に草の根資金=日本文化センターとして再生へ=「移民の日」までに完成を=苦難の歴史、建物老朽=約8万6千ドルで改修

サントス日本語学校に草の根資金=日本文化センターとして再生へ=「移民の日」までに完成を=苦難の歴史、建物老朽=約8万6千ドルで改修

ニッケイ新聞 2008年1月29日付け

 【既報関連】第二次大戦中に接収、〇六年に六十三年ぶりに返還された旧サントス日本語学校校舎の改修のため、日本政府からサントス日本人会に草の根文化無償資金が供与されることが決まり、二十四日、関係者出席のもと在聖総領事館で署名式が行なわれた。供与額は八万五千九百八十八ドル(約十五万三千レアル)。建物の改修費用に充てられ、工事終了後は日本語学校を備えた日本文化センターとして再開する計画だ。ブラジル日系社会の苦難の時代の象徴ともいえる同校舎は、移民百年を機に日本文化の発信基地として生まれ変わる。遠藤浩サントス日本人会長は「移民の日までに完成し、記念式典をしたい」と意気込みを見せている。

 サントス日本語学校は、一九二八年ごろに結成されたサントス日本人会の経営により始まった。三九年には同日本人会が正式登録され、最盛期には二百人以上の生徒が通ったが、四三年、同地在住日本人の強制立ち退きにともない敵性資産として接収された。
 戦後、地元日系社会、市長をつとめたテルマ・デ・ソウザ連議など関係者による返還運動を経て、〇六年、連邦国有財産局とサントス日本人会の間で敷地使用権を認める契約が署名され、六十三年ぶりに日系社会の手に戻ったのは記憶に新しい。〇六年には来伯した扇千景参院議長(当時)も訪れている。
 接収中は陸軍の管理センターとして使用されていたが、長年の間に老朽化が進んでいたことから、改修のため草の根資金が供与されることになった。
 署名式にはサントス日本人会から遠藤浩会長、土井紀文セルジオ副会長、深美モリオ・パウロ理事、丹治七郎渉外ら役員が出席。西林万寿夫総領事と遠藤会長が供与書類に署名し、固い握手を交わした。
 西林総領事は返還運動を振り返り、「日本人会、サントス日系社会の関係者が一致団結した粘り強い運動の結果」と称賛。返還後、雨漏りなど老朽化した現実を知り「修復が絶対に必要だと感じた」と述べ、「非常に嬉しく思う」と供与決定の感想を語った。
 さらにブラジリアでの日伯交流年開幕セレモニーの席上、サントス出身のアモリン外相が同校舎の返還を「日伯融合のシンボル」と表したことに触れ、「サントスの日系社会にとって歴史的な学校が、百周年を機会に改修、再開されることは象徴的、重要な事業になる」と強調。「日伯友好・交流の場として、また日本文化の発信基地としての役割に期待している」とエールを送った。
 遠藤会長は総領事館、日本政府へ謝意を表すとともに、「世話になった人たちが恥をかかない建物を造り、日本文化を主にスポーツなど幅広く行なっていきたい」と決意を語った。
 今回の改修工事は、屋根、壁、床の改修から水回り・電気配線まで建物全体を修復し、日本語コースの教室、カフェテリアなどを設置する計画。終了後、同校舎は多目的日本文化センターとして再開される。
 遠藤会長は「六月の移民の日までに完成し、記念式典を行ないたいと考えている」と決意を表した。そして「今後も皆さんの力を借りないといけません。百周年を機に、明日に向かって実行していきたい」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■今週末の催し2018年6月14日 ■今週末の催し  16日(土曜日)  格安マッサージの日、午前8時半、鬼木東洋医学専門学校(Rua Astorga, 1019, Vila Guilhermina)      ◎  ブラジル留学生の会、午前9時半、ブラジル日本語センター(Rua Manuel de Paiva, 45, […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • ブラジルでは『フェイラ』という朝市が曜日ごとに決まった場所で開かれ、朝早くから大勢の人で賑わう。新鮮な果物や野菜、肉、卵、日本人や日系人が多く暮らす地区では鮮魚も販売されている。2015年7月16日 ニッケイ俳壇(847)=富重久子 選       サンパウロ      広田 ユキ 相似たる身の上話移住祭【我々日系人は六月十八日、サントス港に着いた日を記念して移住祭を催し、其の日は公式に「移民の日」とされている。 この句にあるように戦前戦後を問わず、共に移住後の暮らしは肉体的、精神的にも共にさまざまな苦労 […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 今年6月18日、サンパウロ市イビラプエラ公園内にある先没者慰霊碑前で行われた追悼法要の様子2015年6月29日 ニッケイ俳壇(843)=富重久子 選    プ・プルデンテ       小松 八景  移民の日語り伝へて次世代へ【六月十八日はいみじくも「移民の日」である。戦後移民の私共には、その苦労の真相は新聞や書籍、或いはその方々から聞かされる実話によるしかないが、つくづく身にしむ思いの募るものばかりであった。ここに掲げ […]