ホーム | 日系社会ニュース | 宮城県敬老金打ち切りか=今年限り、財政悪化など理由に

宮城県敬老金打ち切りか=今年限り、財政悪化など理由に

ニッケイ新聞 2008年2月12日付け

 四十七都道府県の中で唯一続けられている宮城県出身者への敬老祝い金が、今年限りで打ち切りとなる可能性が高まっている。地元紙「河北新報」が九日、宮城県が敬老金打ち切りの方針を決めたと報じた。
 河北新報によれば、県は廃止の理由として、県財政の悪化のほか、県民を対象にした敬老金制度がすでにないこと、他県でも敬老金制度を廃止していることを挙げている。県人会への助成金や研修員制度などは継続の意向を見せている。
 宮城県による海外在住県人(七十歳以上)への敬老金支給制度は、他県に先駆けてはじまり、昨年で三十五回を数える。金額は当初の二万円から一万円に、昨年には一人五千円に減額された。
 県人会の中沢宏一会長によれば、敬老金打ち切りの可能性については昨年の敬老会の時点で県側から伝えられていたという。県側の方針に対し、「どこの県でも財政削減を行なっているが、少し(の敬老金を)もらうだけでもありがたいこと。最後まで(継続に向けて)ねばりたい」と語り、定期総会後の新役員で改めて継続要望の文書を送る考えを示した。
 さらに「ビジネスはじめ色々な面で県とブラジルを結ぶ役割も果たせると思う」として、双方向の交流を通じて継続の可能性を模索していく意向を表した。
 今年五十五周年を迎える宮城県人会。三十回目の七夕祭りにあわせて七月に予定されている記念式典に向け、知事、議長や市町村代表、県内のブラジル関係団体など多くの関係者に招待状を渡しているという。
 母県と移住者を結ぶ一つの絆ともいえる宮城の敬老金制度。高齢化に伴ない一世人口が減少しているとはいえ、昨年もブラジル国内で三百八十五人が支給を受けている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 岐阜県人会総会、24日2019年2月6日 岐阜県人会総会、24日  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中2019年1月11日 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中  「新ウチナー民間大使」の瀬名波美恵子さんが沖縄文化普及活動の一環として、2019年度文化カレンダー「ウチナーグアー」を製作した。全1000部。同民間大使とは、沖縄との懸け橋として海外で活躍することが期待される人を認証する県の制度。  ラジオ・テレビ・ニッケイのアナウ […]
  • ■今週末の催し2019年1月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  新春初生け、午後7時、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)、日曜は午前10時から      ◎  映画鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]