ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2008年2月14日付け

 百周年の記念事業中、最も重要な課題が人材交流である点に異論を唱える人はまずいない。百周年主催事業の中で、唯一この課題を担うのは「21世紀の日伯地域リーダー交流事業」だ▼各県から二人ずつブラジルで受け入れ、若者レベルの交流を増やそうというもの。現在、日本側で参加者を募集しており、和歌山県での募集が十一日付け産経新聞サイトにも掲載された▼一九九〇年、当時の竹下首相の提唱するふるさと創生事業の一環として、二百五十人が訪日したのが最初だ。そのメンバーの多くは現在、各地の日系団体や県人会の会長として日系社会を支えている。やはり訪日経験のあるなしは、その後の人生に大きな影響を与える▼逆もまた真だ。ブラジルを経験した人が、日本国内で親伯派となってくれることにより、これからの十年、二十年の交流を支えてくれるに違いない▼十三日のコチア青年連絡協議会の総会で香川公宏さんは「二世、三世の訪日ビザを不要にする運動をしたらどうか」と提案した。「ドイツ、イタリアなど欧州移民の子孫にとって、本国のパスポートがとれるからヨーロッパは近い存在。それに比べて日本は遠い」と訴えた▼日本には三十一万人ものデカセギがいるが、逆に伯国に中長期滞在する日本の若者は少ない。二年ぐらい滞伯できる手軽な交流ビザがあれば、どれだけ理解者が増えるだろうか。今こそ将来につながる交流制度のあり方や法的枠組みを討議する好機だ。制度や枠組みはいったん作れば時が経つにつれてどんどん成果が拡大する。節目の年だから、そのような〃種〃を播きたいものだ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2007年10月20日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]