ホーム | 日系社会ニュース | タンゴの冴木杏奈さん公演=3月9日聖市=日語とスペイン語で

タンゴの冴木杏奈さん公演=3月9日聖市=日語とスペイン語で

ニッケイ新聞 2008年2月15日付け

 タンゴ歌手冴木杏奈(さえきあんな)さんが、日本から来伯、三月九日、サンパウロ市のSESCヴィラ・マリアナで公演する。日本ブラジル交流年実行委員会の公認事業の一つ、歌手自身のデビュー二十周年記念ツアーの一環でもある。アルゼンチン・タンゴや日本の歌曲、ドイツ民謡のタンゴにアレンジしたものを、親しみをこめて、スペイン語と日本語でブラジルのタンゴ・ファンに披露するという。
 下準備に来聖したマネージャーの津元美紀江さん(株・ムーン・ミュージック、東京銀座)によれば、冴木さんは、欧米、およびアルゼンチンでの公演歴がきわめて豊富、ベルリン公演ではタンゴに編曲された「ローレライ」を歌った。昨年六月、ニューヨークのカーネギーホールの舞台に立ったが、これは二度目。「暗いイメージがない。ドラマチックだ」という評価を得た。アルゼンチンでは、プロの評論家の間でも、公演のたびに「スペイン語でも日本語でも響きがいい。表現力もオリジナル性も豊か」と好評である。
 外国の聴衆からは「アンナの歌を聴いたあとはぐっすり眠れる」「子育てを終えたあと無気力になっていたが、アンナの歌に元気をもらった」などの感想があるそうだ。タンゴの日本語への訳詞は冴木さん自身が行っている。
 冴木さんは、北海道旭川市出身、歌手デビュー前にミス札幌に選出された。一六八センチの長身で、美形だ。現在、国際的に活動をしていることに着目され、旭川の観光大使をつとめている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]