ホーム | 日系社会ニュース | 外国人との料理交流=浜松でイベント賑わう

外国人との料理交流=浜松でイベント賑わう

ニッケイ新聞 2008年2月16日付け

 【静岡新聞】静岡県浜松市北区の細江町国際交流協会(石田忠会長)と引佐町国際交流協会(田力定一会長)は二日、多国籍な料理を一堂に会する毎年恒例のイベント「在住外国人との料理交流フェア」を同町の引佐健康文化センターで開いた。昨年まで別々に開いていた同フェアだが、合併などを機に今回初めて共催した。
 フェアには、インド、中国、フィリピン人をはじめ、ポーランドやデンマーク、ニュージーランド、ペルー人など四十二人が参加。特製コロッケなど母国の伝統料理を会場で手作りし、出来たてを地元住民ら約百百人の参加者と一緒にほおばった。
 カレー味のギョーザを友人たちと作ったインド人のアーダルッシュ・アヌークさん(16)は「母国の味が懐かしくなった。皆気に入って何回もお代わりしてくれる」と笑みをこぼし、インドの伝統茶「チャイ」を参加者に何杯も注いでいた。
 田力会長は「合併を機に存続が危ぶまれた時もあったが、今後も協力し合って交流活動を推し進めていきたい」と話し、石田会長も「両町の米国姉妹都市も米国内で隣接する都市同士。今回の成功を弾みに、互いの都市間訪問なども計画していけたら」と力を込めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]