ホーム | 日系社会ニュース | 08年度行事を説明=汎ソロ連合協会新年総会

08年度行事を説明=汎ソロ連合協会新年総会

ニッケイ新聞 2008年2月19日付け

 汎ソロカバナ日伯連合協会(纐纈俊夫会長)の定期総会が、一月十三日、プ・プルデンテ文協中央会館で開催された。傘下十七支部七十人の代表が出席した。定例議事が終ったあと、会長から〇八年度の事業計画が説明された。また、昨年十二月、サンパウロで開催された文協シンポジウムに参加した纐纈会長とアシースの佐川ロベルト教授から、日語とポ語による報告があった。〇八年度の主行事は――
 五月二日から三日間、日本移民百周年慶祝ニッケイ・フェスタ(市営催しもの広場)、◇六月一日ゲートボール中矢秀一杯争奪戦(プ・プルデンテ文協総合競技場)、◇六月十五日百周年記念、先亡開拓者法要、◇七月十三日アルバレス・マッシャード招魂祭(同地日本人墓地)、◇八月二十四日汎ソロ・カラオケ大会(パラグアスーパウリスタ)、◇九月二十八日汎ソロ芸能祭(オウリニョス)、◇十月十二日汎ソロ児童お話大会(ア・マッシャード)、◇十一月三十日全伯奥地民謡大会(ププルデンテ)。
 〇八年度役員はつぎのように留任となった。会長=纐纈俊夫、副会長=具志堅ペドロ、西川ナタル、武井クラリンド、第一会計=瀬戸口正弘、第二=森本ネルソン、第一書記=(ポ)島袋ミルトン、第二=野村いさを、監査役=斎藤訓、中矢リカルド、青柳真蔵、相談役=船田佳幸、増田耕作、松本一成、日語教育部長=明石アリセ、芸能部長=樽本健三、カラオケ部長=川上邦弘、ベートボール部長=山本善洋、民謡部長=小野忠義。
 閉会後、参会者たちはACAE社交部の女性たちがつくった料理を囲んだ。  (野村いさをさん通信)

image_print

こちらの記事もどうぞ