ホーム | 日系社会ニュース | 太鼓協会=簔輪シニアの娘真弥さん=父とともに指導にあたる

太鼓協会=簔輪シニアの娘真弥さん=父とともに指導にあたる

ニッケイ新聞 2008年2月19日付け

 ブラジル太鼓協会(矢野ペードロ会長)で太鼓指導を行っている簔輪敏奏JICAシニアボランティアの随伴家族として、娘の簔輪真弥さん(21、宮崎)が一月十一日に来伯し、簔輪シニアの補助員として指導にあたっている。
 真弥さんは、日本では短期大学で保育士の勉強をしていた。また、地元チームの串間くるみ太鼓で、宮崎を中心にイベントやワークショップを行っていた。
 小さい頃から常に太鼓の音を耳にしていたために「子守り歌代わりに聞いていた」。家族全員で太鼓をやっていた影響で、真弥さん自身も四歳から太鼓を叩きはじめた。
 「昔は、土日に休みがなくて友達とも遊べなかったから太鼓が嫌いになったこともあった」が、「今では(太鼓は)なくてはならないもの」という。
 「ブラジルの子どもたちは太鼓が大好きで熱心に練習しています。日本は先生がいて当たり前と思っているところが違う。でも、けじめになると日本の方が上」と、日本とブラジルの状況の違いを話した。
 現在は、「ポルトガル語で説明ができないので、通訳を介しての説明だからきちんと伝わっているか不安」という真弥さん。
 簔輪シニアの任期が終わる来年まで滞在し、指導にあたる予定。「太鼓は人生の一部で生活の一部。将来は太鼓で生活していきたい」と将来への希望を語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]