ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2008年2月21日付け

 聖市が五五図書館のうち四つの閉鎖を決め、地域住民や教師たちが閉鎖反対の署名を集めている。閉鎖対象はヴィラ・マリアナ区二つと、タツアペ区、ラッパ区各一。統一教育センターでは、図書館司書がおらず、日の目も見ずに眠っている本もある。教師用の本が使われないまま、古本屋で売られたりと、選挙前の市長には頭が痛い…。
     ◎
 カトリック教徒には聖地の一つアパレシーダ市の市長が、カーニバルから復活祭(パスコア)までの四旬節の間、市の広場でのバイレを禁止。また、神父の長服着用を義務付け、ミニスカートも禁止した。一方、カトリック長老会議では、神父の独身制廃止と、信徒の再婚への配慮を求める要請をローマ本庁に送ることを決めた。カトリックの神父が家庭を持ち、再婚した信徒が聖体拝領などの秘蹟に預かることができるようになる?
     ◎
 日本の鉄道で人身事故といえば自殺が多いが、十九日午後五時半ごろ、聖市の地下鉄ブレッセル・モッカ駅で、七五歳位の男性が車両に轢かれ、東西線が停止。消防が駆けつけ、病院に搬送したが重体。地下鉄は一つの線路を両方向に使用して運行し、一時間余り後には通常運転に戻ったが、人の流れが正常化するまでにはかなりの時間を要した。それでなくとも世界一混む東西線のピーク時の事故で、自殺を図った模様と地下鉄関係者がコメントした。
     ◎
 聖州の市町村を結ぶバスの料金が二十三日土曜日から値上りする。バスターミナルから出る高速バスは、聖市~カラグアタツーバ市が二八・八八レアルから三〇・一〇レアルなど、四・二四%値上げ。市街地を走り、近隣の市町村を結ぶ線は五・〇六%の値上げ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]