ホーム | 日系社会ニュース | 県連=与儀昭雄氏が会長候補に=一世役員の支援を条件に=沖縄県人会、援協も後押し

県連=与儀昭雄氏が会長候補に=一世役員の支援を条件に=沖縄県人会、援協も後押し

ニッケイ新聞 2008年2月26日付け

 松尾治ブラジル日本都道府県人会連合会会長が「県人会と県連の会長職を辞めて、百周年に専念する」と宣言してから早一カ月半近くが経過。会長候補選びに奔走していた県連執行部が、ついに次期会長候補の擁立に成功したようだ。白羽の矢を立てたのは、現執行部の副会長で、サンパウロ日伯援護協会傘下のやすらぎホーム経営委員長、沖縄県人会会長を務める与儀昭雄氏(63、二世)。与儀氏は「私は日本語が苦手なので、現執行部の一世の人たちが手伝ってくれるなら受ける」と会長候補に名乗りを挙げることを承諾した。
 二月三日に行われた福岡県人会定期総会で新会長が選出されたことで、松尾会長が県連の会長を続けることはなくなった。これを受け県連執行部では、次期会長候補に与儀副会長に挙げることを決め、説得を続けてきた。
 今月十八日夜に市内で行われた執行部夕食会の席上、執行部側として最終的に与儀氏に会長立候補を要請。その後、与儀氏が二十一日に松尾会長、加藤恵久、山田康夫両副会長の三氏に対して、会長候補を受けることを承諾した。ただし「現執行部の一世の人たちが全面的にバックアップをしてくれるなら」と条件を出した。
 与儀氏は以前から現執行部のシャッパの会長にとの打診に対し、援協や県人会との関係から拒否の姿勢を貫いていた。ニッケイ新聞の取材に対し、最終的に立候補要請を受入れたことについて「援協の森口イナシオ会長も県連会長を受けることを承諾してくれたし、県人会も全面的にバックアップしてくれる」とその理由を語った。すでに県人会の理事、相談役などにも話しているという。
 一方、沖縄県人会では「現在のところ、理事会など公の場で発表していないからなんとも言えない。本人の発表を待ってから」と慎重な姿勢を見せつつも、「八月に行う沖縄県人移住百周年記念式典は問題なく事が進んでいる」とコメントした。
 山田副会長は「一カ月以上掛かってようやく承諾してくれた」と安堵の様子。現在新シャッパ作りを進めている段階という。山田副会長は「以前の松尾会長のこともあるので慎重になっている人も多い」と現状を話しながらも、「今週中には組み終わるだろう」と見通しを示した。
 県連執行部の予定では、今年の定期総会は三月二十七日に開催される。総会十日前のシャッパの提出期限に向かい、他候補を含み執行部選挙への動きが加速しそうだ。
 残り一カ月、選挙で「与儀会長」が誕生すれば、沖縄県人会長としては初めての県連会長就任となる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 先没者慰霊碑に正式な管理権=野村市議が仲介、市が県連に=民営化で撤去の危険も2018年10月16日 先没者慰霊碑に正式な管理権=野村市議が仲介、市が県連に=民営化で撤去の危険も  聖市のイビラプエラ公園民営化計画の検討が進められるなか、権利の所在を明記する書類がないことが懸案事項となってきた「ブラジル日本移民開拓先没者慰霊碑」。その管理権を明記する書類が今月4日、ブルーノ・コバス市長からブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)に正式に渡さ […]
  • 県連代表者会議=日本祭り、3週間後に迫る=国外から慶祝団800人2018年7月7日 県連代表者会議=日本祭り、3週間後に迫る=国外から慶祝団800人  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「6月度代表者会議」が先月28日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。日本祭りを約3週間後に控えた最後の会議となり、連絡事項の確認などが行なわれた。  同祭の市川利雄実行委員長は会議当日までに、ギネス記録挑戦に528食 […]
  • 県連代表者会議=来年の日本祭りテーマを打ち出し=県連災害基金創設案も2018年10月9日 県連代表者会議=来年の日本祭りテーマを打ち出し=県連災害基金創設案も  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が「9月度代表者会議」を先月27日に県連会議室で行った。来年度の第22回日本祭りのテーマ案や、相次ぐ日本の自然災害を援助するため、県連災害基金の創設について話し合いが行なわれた。  会議では23日に行われた「第12回弁論 […]
  • 兵庫=日本側で移住110周年=出発の地神戸で記念式典=日伯関係者が170人出席2018年5月1日 兵庫=日本側で移住110周年=出発の地神戸で記念式典=日伯関係者が170人出席  日本側での日本移民110周年記念式典が、第1回移民船が出港した4月28日に神戸で行なわれた。笠戸丸は1908年4月28日に航海に旅立ち、6月18日にサントス港に着いた。そんな日本側の110周年にあたる4月28日に、一般財団法人「日伯協会」(三野哲治理事長)は神戸海洋博 […]
  • ギネス挑戦=「祖先へ感謝、未来に記録」=47県人会で世界記録目指す2018年6月2日 ギネス挑戦=「祖先へ感謝、未来に記録」=47県人会で世界記録目指す  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が主催する『第21回日本祭り』の目玉企画の一つ、ギネス記録の企画を進めるギネスチームが先月21日に記者会見を行い、参加する県人会や団体に感謝を述べた。  ギネス挑戦は7月21日に日本祭り会場2階で行われ、午前7時から正午 […]